プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メタンハイドレートで一儲けしようとする人達(青山繁晴氏・青山千春氏)(その4終)


(その3)から続きです。

【ぼやきくっくり】
「アンカー」5年前から言ってるのに何を今さら?『メタンハイドレート日本海で発見』報道の真相

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1281.html

このブログ記事で書き起こされた青山繁晴氏の発言の問題点を指摘されてもらいます。

==============================

【発言その7】
----------------------------------------
はい。これ(注:海底資源探査システム及び海底資源探査方法という特許)あの、実は独立総合研究所の前の住所ですから、もうそのまま隠さずに置きましたが、このように日本国内の特許を取ってます。
----------------------------------------


特許を取っているからなんでしょう。
その特許が全ての海洋調査に必須の技術だとでも言いたいのでしょうか。
そんなバカな話はありませんね。

まずは、その特許が使われていることを実証するのが先決であり、それをやらずしてこのようなことをふれ回るのは言いがかりそのものです。


【発言その8】
----------------------------------------
利益や、儲けが目的じゃないので、特許使用料って1円も取ってないんです。これからも取らないつもりです。しかしそのことと、実は特許を持ってる青山千春博士に対して許諾、つまりその技術を使っていいですか、その技術を、あの、使って、得た、学術的内容を公表していいですかってのは、本来、許諾を取らなきゃいけないです
----------------------------------------


ここでも嘘が入っています。
特許を使用するには許諾が必要ですが、正当な手続きを踏んで使用の許諾を得た特許技術を使って得た成果を発表することまで、特許を持っている者の許諾を取る必要などありません。

こんなことが許されたら、例えば、研究のための情報収集に携帯電話を使ったら、その電話機に関する特許を持っている者の許諾を得なければ、研究成果を発表できなくなる
青山氏の言っていることは、そういうトンデモな主張です。


【発言その9】
----------------------------------------
希望はしたけども、船にも乗れなかった。そして、えー、事前に、技術を使うという通告も、あるいは私たちに意見を聞くことも全くなかった

もちろん今回の調査研究ってのはたくさんの技術が、複合的に使われてますから、青山千春博士の特許だけが使われたんじゃありませんが、えー、研究内容全体を見ると、間違いなく彼女の技術は使われてるのに、実はそれが、相談もなかったわけですね。
----------------------------------------


まず、使っていることをまず証明してから言え、ですね。

しかも、この調査研究を主導していたのは松本良東大名誉教授。Wikipediaにも書かれているように、青山千春氏の特許取得にあたって、メタンハイドレートに関しての指導を行ったのが松本教授その人。つまり、彼女の師匠にあたる人が、今回の調査を行った。
だったら、普通に考えれば、「彼女の技術」なんてものはこの研究チームにとっては既知の原理によるものなのであって、特段「彼女の技術」なんて使わなくても調査する方法はいくらでもあったはず。

弟子が師匠に「相談もなかった」もないものです。


【発言その10】
----------------------------------------
この秋田沖でやったのは、去年の夏なんですよ。で、実はその時には青山千春博士、まだ船に乗ってた。そしたらですね、えー、いきなり紙が回ってきて、こういうA4の、まさしくこういう真っ白な紙が回ってきたそうです。本人と、あるいは他の研究員の証言全部一致してるんですが、この紙が回ってきて、とにかく名前書けと言われたと

たとえば青山千春と書けと言われて、船の中ですし、よく分かんないまま書いたと。そしたらそれが、いつの間にか誓約書になって

要するにこの秋田沖で、去年の夏にすでにメタンハイドレートが見つかってることを、論文に書かない、外に言わない、ね、それを誓約させる
----------------------------------------


それって、何かおかしいんでしょうかね?
普通、どこでもやりますよ。
共同研究のようなものをやる時には、秘密保持条項が含まれた契約書にサインをするものですけど、この時はそういうものが予め用意されていなかったのだとしたら、その点ではお粗末だったかも知れませんが、おそらくは、こうでもして改めて釘を刺さないと青山夫妻みたいな人達が勝手にペラペラ喋るかもしれないと危惧したのかもしれませんね。
だとしたら、その判断は全く正しかったと言えましょう。

で、この発言で、彼は見事に語るに落ちています。

去年の夏、青山千春氏は船に乗っていたと。
だったら、あなた方は「彼女の技術」とやらを、調査チームが使うことを許諾したんでしょ。それを許していないなら、何で彼女が船に乗れたのです。

結論。青山千春氏は「彼女の技術」を調査チームが使うことを許諾していた。よって、少なくとも秋田沖で見つけたメタンハイドレートに関して、特許を無断で使用したかのような発言は、言いがかりです。


【発言その11】
----------------------------------------
竹島のさらに南の海の底から、メタンハイドレートを韓国はすでに取り出す調査を、あるいは開発をしてて、それを2014年までに実用化するということを、堂々とたくさん発表してるわけですよ。
----------------------------------------


韓国はそんなことは言ってません。

「韓国は2005年からガスハイドレート事業団の主管で探査とボーリング作業をしており、2014年までの試験生産完了を目標にしている。」
http://japanese.joins.com/article/873/152873.html

試験生産完了なら、日本が今やっていることと同じですよ。つまり日本よりも1年遅れってこと。

こうやって、嘘でもかまわないから人々の耳目を集めることを言って、自分を誇大に見せようという魂胆のようです。


【発言その12】
----------------------------------------
はい。これは、直接僕が、この方にお会いをして、えー、証言を聞きました。会社の名前と、ご本人の名前伏せてますけど。当時の、国内最大級石油会社、これ今もそうですけど、その技術本部長っていうのは、まさしく最前線の、トップですね。この方はとっても勇気のある方で、その、既得権益の圧力に負けない人なんですけど、その方がはっきりと、いや、うちの会社にもシェル石油から、あの、お金出しますよと言ってきたと。しかし日本国のことを考えて断ったと。しかし残念ながら日本の研究者にはそれを受け取ってる人が多いんですよって話をされたわけですよ。
----------------------------------------

とても勇気のある方ねぇ。
その勇気のある方が誰か、こんなバレバレな形で書くなんて(何故バレバレかは書きませんが)、ホント、青山氏は誰でも自分のために利用することしか考えていないんですよね。
この人、メタンハイドレートの評価の会議で、真意はともかく青山氏に都合の良いと受け取られかねない発言をしたばっかりに、こうやって利用される羽目に陥ったのでしょう。

で、その勇気のある方、あなたの会社は社運をかけたプロジェクトの遂行のために、フランスのトタールからお金を受け取っているじゃないですか。
何が既得権益に負けないですか。

ちなみにこの人、そういう問題発言をした直後の役員人事では、ものの見事に「技術本部長」から外されてしまっていますけど。青山氏は絶対にそういうことは自分からは言わないでしょうね。


【発言その13】
----------------------------------------
今回の発表で言うと東京大学の名誉教授が入ると、突然、NHKや全国紙は、ああ、それは権威があるから、それはもう新発見、大発見なんだと言って大きくやるわけですよね。
----------------------------------------


青山氏達が日本海側で調査したと言っていた時、それを一緒にやっていたのは誰だってでしょうね。松本良東京大学教授(当時)でしょ。あなたの言う通りなら何でその時に大きく報道されたはずですね。

そして、ここでも青山氏はお粗末にも馬脚を現しています。
それは、先日の報道の時、松本教授の肩書きは明治大学特任教授としてしか報じられていないんですよね。一部には東京大学の名も挙げているところもありましたけど、基本的にNHKも全国紙も明治大学を中心としたグループとして報じていたことに変わりは無い。
松本教授が実は東大の名誉教授だったなんてことは、今回の報道だけを見ていた人はほとんど知らなかったはずなのに、それを自ら口にしたのは、真実をねじ曲げてそういう筋書きを作りたかったのでしょう。

結局、彼がこの報道を問題視しているのは、ただ自分が外されたこと、それだけです。

==============================

というわけで、たった一回のテレビ番組の中だけでも、これだけとんでもないことを言っている人が、メタンハイドレートという資源の周りにウロウロしているということを示しました。

折角の資源が、こういう形で個人の欲望を満たすために使われているというのは、何とももったいないことです。

これまであまり注意を払って来ませんでしたが、この人の言動には、これからも気をつけて行きたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー - ジャンル : 政治・経済

<< アルジェリア事件で実名報道批判をする人の不思議(1) | ホーム | メタンハイドレートで一儲けしようとする人達(青山繁晴氏・青山千春氏)(その3) >>


コメント

ダブルスタンダードは良くないのでは?

先ほど(1)にレスさせていただいた者です。
あちらで長文を書いてしまいましたので、こちらでは間違いを一点一点指摘してゆくことは遠慮いたしたいと思います。

ただ一点だけ疑問を書かせていただきますと、白砂青松さんは、「青山千春博士が船上で白紙を渡され、説明もされないまま名前を書かされたところ、それが調査内容を論文等で発表しないという誓約書に勝手に使われた」というエピソードについて、

「普通、どこでもやりますよ。」

と書かれていますが、私は寡聞にしてそのような話を聞いたことがありません。

白砂青松さんは冒頭で、特許に関して「まず実証するのが先決」と書かれていますので、ご自分も同様な白紙委任状を書かせる調査などの実例や資料などを紹介して実証すべきではないでしょうか?

少なくとも、青山繁晴氏に実証を要求しながら、ご自分は実証しないのではダブルスタンダードとなり、信用を失うものと思います。

ちなみに、私の知識では、このような白紙委任状のようなものを、内容を伏せて相手の了解なしにサインさせる行為は、極めて悪質であると判断せざるを得ません。


何がダブルスタンダードなのかがわかりませんが

兵庫県さん

>あちらで長文を書いてしまいましたので、こちらでは間違いを一点一点指摘してゆくことは遠慮いたしたいと思います。

いえ、具体的に一点一点指摘をお願いします。
そうしなければ、私が反論できませんので。

>ただ一点だけ疑問を書かせていただきますと、白砂青松さんは、「青山千春博士が船上で白紙を渡され、説明もされないまま名前を書かされたところ、それが調査内容を論文等で発表しないという誓約書に勝手に使われた」というエピソードについて、

>「普通、どこでもやりますよ。」

>と書かれていますが、私は寡聞にしてそのような話を聞いたことがありません。

私はそのようなことは書いておりません。

私が「普通、どこでもやりますよ」と申したのは、エントリに書いたように、

『要するにこの秋田沖で、去年の夏にすでにメタンハイドレートが見つかってることを、論文に書かない、外に言わない、ね、それを誓約させる』

という点です。
そもそも、調査開始前にそういう誓約書を取っていなかったとしたら、これもエントリに書いた通り、それこそお粗末な話ではありますけど、結果として、そういう誓約書にサインをさせるということ自体は当たり前のことです。

>ご自分も同様な白紙委任状を書かせる調査などの実例や資料などを紹介して実証すべきではないでしょうか?

私は、そんな白紙の誓約書に名前を書かせる/書かされるような無様なことはやったことはありませんけど、他の団体と共同で調査研究をする時に、予めそういう秘密保持条項の入った契約を結ばなかったことは一度もありません。
そして、緊急避難的にどうしても直ぐに全員の同意を取り付けなければならないという時に、内容が書かれていない紙に名前を書かせるということも実務の上ではあること。
例えば、会議での結論に出席者が同意したことを直ぐに確定させたいけど、議事録を作成している時間が無い時などです。

まあ、白紙に名前を書かされたという点は、はっきり言って眉唾もの。
百歩譲って、それが白紙だったとしても、内容は説明されたと考えるのが妥当。その意味がわからなかったとしたら、それは青山千春という人の資質の問題ですかねぇ。
意味もわからずに当事者全員がサインしたなんて話は甚だ不自然です。

>ちなみに、私の知識では、このような白紙委任状のようなものを、内容を伏せて相手の了解なしにサインさせる行為は、極めて悪質であると判断せざるを得ません。

千歩譲って、白紙かつ内容の説明がなかったとしても、この人達はそれが「誓約書」だと直ぐに知ったはずですよね。
だって、彼らが何かをマスコミにペラペラ言い出す前に、それが「誓約書」だと知らしめなければ、目的が達せられないのですから、いつまでも「内容を伏せて」いては無意味になってしまいます。
そして、あなたが言うように「内容を伏せて相手の了解なしにサインさせる行為」があったなら、それは「極めて悪質であると」とどうして青山夫妻は直ぐに判断しなかったんですかね。

「こんな誓約書は公序良俗に反する、守る必要は無い」と言って、どうして自分達の「成果」をサッサと発表しなかったんですか?
このように、彼女らの言っていることと、やっていることの間に整合性がとれていないのです。

つまり、答えは、彼女らはその誓約書にサインさせられた手続きを、その当時は「妥当」だと判断していたってことですよ。

で、万歩譲って、白紙かつ内容の説明が無く、よくわからないままサインして、後からそれが誓約書だと知ったけど、青山夫妻は何故かそれを後生大事に守って相手の言いなりになっていたとしましょう。

さて、そんな人が「国益を守れ」なんて語ってるんですかね。

この人達が日本国内の有望な鉱区の権利をもっていたら、「よく分かんないまま」に彼らの大嫌いな国々の人に破格の値段で譲り渡すなんてことをやってしまい、そのまま泣き寝入りしそうですけど、それでも青山夫妻を信じますか?

申し訳ないのですが、こちらの内容も異常です

白砂青松さん
お返事ありがとうございます。
しかし、こちらもおかしな内容になっています。




まず、普通の科学調査に参加した場合、研究者としてその成果を発表するのは大前提ですよね?
三洋テクノマリンの社員ではないのに、博士研究員だった青山千春氏が1997年のナホトカ号事故の流出重油を調査したときと同じです。
(つまり、SU-MIさんはこの点でも間違っています)



なのに、白砂青松さんは

●調査前に確認していない。(調査に参加するかどうかを自由に選択できない)、
●船に乗って海に出てから逃げ場のない海上で書かせている。(船上という密室監禁・軟禁による脅迫性)、
●しかも目的を知らせずに白紙に名前だけ書かせ(詐欺行為)、
●後で勝手に緘口令の同意書にして口封じをする(偽計業務妨害)

などの悪質な行為を、むしろ擁護しています。
これは明らかにおかしいのでは?




加えて、「無様」などの語句から見ても、明らかに侮蔑の意図が見えますが、これは不穏当であり、客観的な判断をしているとは言えないのではないでしょうか?



また、白砂青松さんは「(注:資源調査で)そういう(注:口外禁止の)誓約書にサインをさせるということ自体は当たり前のことです。 」と認めておられます。
ということは、白砂青松さんは青山繁晴氏の「重要な情報が日本国民に隠蔽されている」という主張を認めたことになります。
これは明らかな矛盾なのでは?




白砂青松さんの書いていることを拝見しますと、資源についての知識が不足しているか、あるいはJOGMECやMH21などの偏った情報だけで判断されているように思います。
そこで一つお聞きしてみたい事があります。
白砂青松さんの言葉で言えば、ちゃんと「公知」されている知識です。
資源関係者にお聞きになれば、特に白砂青松さんの親族にNEDOの職員がいられるのならその方にお聞きになれば、すぐに分かるはずです。




★質問
「人工メタンハイドレートは一部で使用されていますが、その大気圧下での保存温度は?」









現実をご存知ないようですね

兵庫県さん

>まず、普通の科学調査に参加した場合、研究者としてその成果を発表するのは大前提ですよね?

いいえ。
それは、調査の主体が決めることです。
研究者が組織としての調査で知り得たことを勝手に発表することなど許されません。


>三洋テクノマリンの社員ではないのに、博士研究員だった青山千春氏が1997年のナホトカ号事故の流出重油を調査したときと同じです。

全く違いますね。
自分のお金、自分の機材、自分だけの時間を使ってやるなら、勝手にどうぞ。
でも他者と共同でやるなら、勝手に発表することなど許されません。

だいたい三洋テクノマリンの社員か否かに何か意味があるんですか?
私は聞いたことがありませんけど、ナホトカ号の調査は三洋テクノマリンがやるとか、何か、そういう約束事があるんですか?
あなたが言っているのかさっぱりわかりません。


>●調査前に確認していない。(調査に参加するかどうかを自由に選択できない)、
>●船に乗って海に出てから逃げ場のない海上で書かせている。(船上という密室監禁・軟禁による脅迫性)、
>●しかも目的を知らせずに白紙に名前だけ書かせ(詐欺行為)、
>●後で勝手に緘口令の同意書にして口封じをする(偽計業務妨害)

>などの悪質な行為を、むしろ擁護しています。

その「悪質な行為」があったかどうかすら定かではありません。

そして「緘口令」が共同研究の常識なのであり、また青山夫妻もそれに納得していたと見受けられる以上、あとは手続きに多少の不手際があったというだけのこと。

実際には、

1 調査前に緘口令は常識だと思っていたけど、青山夫妻は喋りそうだと思い、紙に書かせることにした。彼らの危険性の認識が遅れて船に乗ってからになってしまった。(イヤなら調査に参加しなければ良い)
2 出航後だったので、きちんとした文書が用意できなかったので、趣旨を説明して同意した人は名前を書いてもらうことにした。(喋り出す前に緘口令の同意書であることは知らしめなければ意味が無い)
3 青山夫妻もそれが緘口令の同意書であることは認識し、手続きも妥当と思った。(騙されたなら黙っている必要は無かった)
4 自分達の出番が無いことがわかり、マスコミの注目を集めるために、「悪質な行為」があったと言い出した。

というのが一番真相に近いでしょうね。


>これは明らかにおかしいのでは?

「悪質」なら、青山夫妻は何故、ずっと黙っていたのです?
勝手に彼らの「成果」を発表すれば良かったじゃありませんか。
あなたの認識や青山夫妻の主張の通りなら、青山夫妻の実際の行動が明らかにおかしいでしょ。
言っている事とやっている事の間に整合性がとれていないのですよ。


>加えて、「無様」などの語句から見ても、明らかに侮蔑の意図が見えますが、これは不穏当であり、客観的な判断をしているとは言えないのではないでしょうか?

私が「無様」と書いたのは、あなたが「悪質」と呼んでいる行為なんですけど。
ご自分でご自分の首を絞めますか(苦笑)?


>また、白砂青松さんは「(注:資源調査で)そういう(注:口外禁止の)誓約書にサインをさせるということ自体は当たり前のことです。 」と認めておられます。
>ということは、白砂青松さんは青山繁晴氏の「重要な情報が日本国民に隠蔽されている」という主張を認めたことになります。

全くもって意味不明。
そもそも私は「資源調査」とか「口外禁止」なんて一言も書いていませんが。
私が書いたのは「共同研究」、そして「勝手にペラペラ喋る」ということ。
共同研究というのは、その成果を発表するなら窓口となる組織に一本化して行うのが常識だと言っているのに、何でわからないんでしょうねぇ、あなたは。

そして、「主張を認めた」も何も、あなたは今回、このような調査の結果を知っている、即ち「重要な情報が日本国民に隠蔽されている」というのは誤りであるという実例を目の前で見ているではありませんか。
ホント、呆れてしまいます。


>白砂青松さんの書いていることを拝見しますと、資源についての知識が不足しているか、あるいはJOGMECやMH21などの偏った情報だけで判断されているように思います。

JOGMECやMH21は、少なくとも青山氏のような嘘は吐いていない。あなたも何も指摘できていませんよね。
嘘を吐く者と吐かない者なら、吐かない者の言葉により重きを置くことを偏っているなどと言われる筋合いはありません。


>「人工メタンハイドレートは一部で使用されていますが、その大気圧下での保存温度は?」

「保存温度」の意味が不明確ですね。
技術的にどういう状態にあるものを言っているんです?

平衡状態になるのは摂氏でマイナス70度程度でしょうか。私は以前からある程度ハイドレートの物性は知っていましたけど、こんなもの、ネットで簡単に調べられますよ?

悪いけど、私には、あなたこそが根本的に資源についての知識が不足しているように見受けられます。


やはり、分からなかったのですね。

もう、お返事の内容がメチャクチャですね。



>「人工メタンハイドレートは一部で使用されていますが、その大気圧下での保存温度は?」



この質問のポイントは2つです。

(1)使用されている人工メタンハイドレート
(2)「保存」の温度

お答えから、白砂青松さんが「どこで人工メタンハイドレートが使われているか」を知らないことが分かります。




そして、次に温度について「マイナス70度程度」と答えたことから、実際に使用されているメタンハイドレートについて無知であることが分かります。
「マイナス70度程度」というのは間違いだからです。
つまり、白砂青松さんは本当にネットで調べただけの知識しかお持ちではないと判断されます。
なぜ、ご自分の言われたように「NEDOに所属している親族の方」にお聞きにならないのでしょうか?




もう一度お待ちいたしますので、どうぞ親族の方にお聞きしてお確かめください。
ちなみに、正解もネットでちゃんと公開されている情報ですよ。






補足しておきますと、私が「JOGMECやMH21の情報だけでは偏っている」と言っているのは、JOGMECやMH21が太平洋側に利権を持っている組織だからです。



太平洋側と日本海側、双方の情報を合わせて検証するのは当然ですし、第三者的な情報源も必要ですよね?
そのためにも、NEDOの話もしているのですから。




あなたが技術のことを何もわかっていないんですけど

兵庫県さん

>この質問のポイントは2つです。

>(1)使用されている人工メタンハイドレート
>(2)「保存」の温度

>お答えから、白砂青松さんが「どこで人工メタンハイドレートが使われているか」を知らないことが分かります。

あなたは、私には「保存温度」しか聞いていません。
後から、質問の内容を書き換えるのは「卑怯者」のやることだと、私は理解しております。

そもそも、あなたがいう「使用している人工メタンハイドレート」がどこで「使用」するものかによって、必要とされる温度は全く違って来ますし。
だから「不明確」と申したのですけど、あなたはそれもわからないみたいですね。

あるいは、「保存温度」などという曖昧な書き方をするのは、こちらがどのような答えを書いても、最初の条件を恣意的に選んで、「間違っている」と貶めたいがための質問であったのか。

どうやら後者のようですね。


>そして、次に温度について「マイナス70度程度」と答えたことから、実際に使用されているメタンハイドレートについて無知であることが分かります。
>「マイナス70度程度」というのは間違いだからです。

私はメタンハイドレートが大気圧下で平衡となるのは摂氏マイナス70度程度と答えました。こちらは物理現象ですから、あなたのやっているような後出しの条件付けはできない。この答えに誤りが無いことは自信を持っています。

「間違い」だと言うあなたが明らかに「間違い」です。
平衡状態の温度は摂氏マイナス70度程度、「間違い」だと言うなら、「正解」を書いて下さい。
できなければ、誹謗中傷確定です。


>つまり、白砂青松さんは本当にネットで調べただけの知識しかお持ちではないと判断されます。
>なぜ、ご自分の言われたように「NEDOに所属している親族の方」にお聞きにならないのでしょうか?

その親族も同じことを言うからですよ(笑)。
技術屋なら、前提条件のあやふやな、後から書き換え可能な質問はしないし、本来なら答えない。答えるなら条件がはっきりしている「平衡状態」の温度を答えます。


>もう一度お待ちいたしますので、どうぞ親族の方にお聞きしてお確かめください。

石油/天然ガス資源開発に関してはNEDOは門外漢ということは、その親族も自覚しておりますよ(笑)。


>ちなみに、正解もネットでちゃんと公開されている情報ですよ。

厳密な意味では公開されていないでしょうね。

だって、あなたの質問の条件を後出しでどうにでも変えられるのですから。
調べて答えを書いても、別の条件の「公開されている情報」を持って来て、「間違っている」と言いふらす。
あなたがやろうとしているのは、そういうことでしょ。


>補足しておきますと、私が「JOGMECやMH21の情報だけでは偏っている」と言っているのは、JOGMECやMH21が太平洋側に利権を持っている組織だからです。

だから持っていません(呆)。
持っているというなら、持っている証拠を示して下さい。

そして、現在やっている程度のことでJOGMECが「利権」を太平洋側に持っているというなら、JOGMECは日本海側にも「利権」を持っていますよ。(その1)に書いてあるではありませんか。
あなたは他人の書いたものを真面目に読む気があるのですか?


>太平洋側と日本海側、双方の情報を合わせて検証するのは当然ですし、第三者的な情報源も必要ですよね?

だから、JOGMECもMH21も双方調べていますよ。そして、技術的に容易、即ち、商業化し易い方から手がけているだけ。
だいたい、技術開発をするのに「第三者的な情報源」もあったものでもありません。トヨタがHVやEVの開発をするのに、「第三者的な情報源」なんてあてにしますか?


>そのためにも、NEDOの話もしているのですから。

だったらNEDOがどんな情報を持っているのか、ここに書いてごらんなさい。
私はJOGMECが日本海側についてデータを持っている証拠を既にこの場に示しています。

ちなみにHPを見ると、例えば『高効率天然ガスハイドレート製造利用システム技術実証研究』なんて研究プロジェクトをやっていますけど、それを技術分野としては『石炭資源開発』に分類している。
NEDOというのはそういう組織です。


お返事がおかしすぎます。


白砂青松さん
>だったらNEDOがどんな情報を持っているのか、ここに書いてごらんなさい。



もう私の知っている書いたじゃないですか。
http://whitesand0715.blog.fc2.com/blog-entry-70.html#comment184
>たとえばNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の人間は、10年以上前から日本海のメタンハイドレートが結晶状で大量に賦存することは知っていたそうです。
NEDOでは日本海海底のメタンハイドレートを「海底から隆起している」と表現していたそうです。



なぜ知らないふりをするのでしょうか?
また、なぜ保存温度という言葉がいけないのでしょうか。
保管温度でも同じですよ?
また、なぜ、親族の方がNEDOにいるのに、お聞きにならないのでしょうか?


あなたはこんなものを「情報」って言うんですか?

兵庫県さん

>もう私の知っている書いたじゃないですか。
http://whitesand0715.blog.fc2.com/blog-entry-70.html#comment184
>>たとえばNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の人間は、10年以上前から日本海のメタンハイドレートが結晶状で大量に賦存することは知っていたそうです。
>NEDOでは日本海海底のメタンハイドレートを「海底から隆起している」と表現していたそうです。

その存在さえ定かでない「人間」が言ったなんて話が、あなたは「情報」だの「データ」だのと言うのですか? こんなもの誰が使えるんです?
で、あなたの知っていることってこれだけなんですか?

だとしたら、これで良く「私が青山繁晴氏の発言を信じているのは、実際に自分で調べた事実のほかに、そうした関係者からの情報を総合して確認しております。」なんて大見得切りましたね。


>なぜ知らないふりをするのでしょうか?

私は、JOGMECの持つ日本海側のデータに関しては、一例としてその論文名まで書いている。
その事実を「知らないふり」して、偏っているなどと言っているあなたが書いて良い台詞ではありませんね。

あなたはJOGMECが日本海側のデータを持っているのを認めるんですか? 認めないんですか?

そうそう、NEDOの持つ太平洋側のデータってどこに示されているんです?
それがなかったら、偏っているんですよね(苦笑)。


>また、なぜ保存温度という言葉がいけないのでしょうか。
>保管温度でも同じですよ?

何を何の目的で保存するのか、あなたが明らかにしようとしないからでしょ。


>また、なぜ、親族の方がNEDOにいるのに、お聞きにならないのでしょうか?

彼も同じ事を言うからですよ。
何を、どういう条件で、どういう目的で「保存」するのか、きちんと設定せずに聞く様な質問は、質問になっていないってね。

彼は、石油/天然ガス資源開発については、素人と自覚していますけど、真っ当な技術屋ですから。

で、あなたは平衡状態になる温度が摂氏マイナス70度程度だと私が言ったことを「間違い」と言い切りましたよね。
「間違い」呼ばわりしたいなら「正解」を書きなさい。


白砂青松さんは公知情報を知らないではありませんか。


私は、「私の親族の情報を信じろ」などとは言っていません。
単に「私が青山繁晴氏の情報を信じる根拠」を言っているにすぎません。



つまり、「私の個人的な情報によれば、青山繁晴氏の主張や解説は真実である」という趣旨です。
私が問題にしたのは、「白砂青松さんが私の言葉を無かったことにしている」点です。


===


また、なぜ
「彼も同じことを言うから」では説明になっていません。
なぜ実際に聞かれずに、推測で語られるのでしょうか?



ちょうど白砂青松さんご自身が書いているではありませんか。
 ↓
>その存在さえ定かでない「人間」が言ったなんて話が、あなたは「情報」だの「データ」だのと言うのですか? こんなもの誰が使えるんです?



前述の通り、私は白砂青松さんに「使え」とか「信じろ」と言ってはいませんので、その点は誤解なされないようお願いいたします。




そして、私がお聞きしたのは平衡状態ではなく、「現在使用されている人工メタンハイドレートの保存(あるいは保管)温度」です。



この情報は、白砂青松さん(およびsu-miさんも)の定義では「公知」されています。
su-miさんや白砂青松さんは、「ネットで専門家しか見ないような場所に公開されていれば、公知したことになる。だから青山繁晴氏の言うことは嘘だ」と主張されています。



当然、「公知」とは、一般の国民に知らされているという意味ですよね?



しかし、青山繁晴氏の主張を要約すれば、
●「日本国民が知るべき情報が、日本国民に知らされていない」
●「あるいは日本国民に隠蔽されている」
●「そのために日本国民が正しい判断ができない」
ということです。



つまり、青山繁晴氏は「公表されているかどうか」ではなく、
★『日本国民に広く周知されていない、報道されていない』
と批判しているわけですから、su-miさんや白砂青松さんの言われている事は間違いです。



実際に、今回の質問で、白砂青松さんは吾人新で主張されている「公知された情報」を知らないことが分かりました。
また、ご自身で主張した「NEDOの親族」という情報源に確認もしないのは、おかしなことです。



そして、今までのやり取りで白砂青松さんが実際の現場で使用されている人工メタンハイドレートの保管温度について知らないことが確認できました。



つまり、人工メタンハイドレートの保管温度は「公知」されているにもかかわらず、白砂青松さんはその情報を知らなかったわけです。



これは、su-miさんや白砂青松さんの「公知されていれば問題ない」という主張が間違っているという証明です。





私はすでに「NEDOの親族の方に確認されるまでお待ちします」とお伝えしていますので、どうぞ親族の方にご確認ください。
確認や検証は、絶対に必要なはずです。





あなたの脳内情報が「公知」のわけがありません

兵庫県さん

>私が問題にしたのは、「白砂青松さんが私の言葉を無かったことにしている」点です。

そりゃそうです。
相手が検証できる論拠を示さなければ、主張は無価値ですから。


>なぜ実際に聞かれずに、推測で語られるのでしょうか?

バカバカしくてとても聞けませんよ。
普段からいろいろ話もしますが、彼は真っ当な技術者ですし、石油/天然ガス資源に関することでは、私が彼の先生かつ情報源なんですから。未だかつて、この分野で彼が私の意見に異を唱えたことはありません。


>前述の通り、私は白砂青松さんに「使え」とか「信じろ」と言ってはいませんので、その点は誤解なされないようお願いいたします。

言ってますね。
こちらが間違っているというなら、それは「使え」です。
そして、検証できる論拠が示されなければ、それは「信じろ」です。

それが議論というものです。


>そして、私がお聞きしたのは平衡状態ではなく、「現在使用されている人工メタンハイドレートの保存(あるいは保管)温度」です。

ですから、「現在使用」って、誰がどこで何の目的でですか。
それが示されていないから、質問の態をなしていないと、何度言えばわかるんでしょうね。

で、あなたはその平衡状態についての私の答えを「間違い」とはっきり書きました。「間違い」だと言いたいなら、「正解」を書きなさい。
書けなければあなたの誹謗中傷が確定です。


>この情報は、白砂青松さん(およびsu-miさんも)の定義では「公知」されています。

されていません。
私も、一定条件のものは知っていますけど、それがあなたが聞いている条件のものかはわかりません。即ち私が知っている情報は単なる「例」に過ぎず、「公知」の「保存温度」ではありません。

今のところ、その情報はあなたの脳内にしか公開されていません。


>su-miさんや白砂青松さんは、「ネットで専門家しか見ないような場所に公開されていれば、公知したことになる。だから青山繁晴氏の言うことは嘘だ」と主張されています。

そんな主張はしていません。
彼は「伏せた」「隠蔽した」と言っているのですから、それは嘘だと主張しているのです。

私が「ネットで専門家しか見ないような場所に公開されていれば、公知したことになる」と書いた事実があるなら、引用しなさい。


>つまり、青山繁晴氏は「公表されているかどうか」ではなく、
>★『日本国民に広く周知されていない、報道されていない』
>と批判しているわけですから、su-miさんや白砂青松さんの言われている事は間違いです。

「報道されていない」なら、批判すべきはマスコミじゃありませんか。
問題は「報道」なんでしょ。

それなのに、彼は「政府ってその、経産省の役人や、もう一回言いますが癒着した一部、一部ですよ、一部の学者」が、「マズイ」と思って、「とにかく伏せましょう」ってことにしたと言っているんですよ。
報道の問題を、政府やメタンハイドレートの研究をしている人の問題であるかのようにすり替えるのは、卑怯じゃありませんか。

そして、日本海側のメタンハイドレートの情報は、論文にもなっているし、学会でも発表されている。
これを「公知」と言わないなら、これ以上、研究者に何をせよと言うんです?

はっきり言って、青山氏やあなたは「卑怯者」と評されるべきです。


>そして、今までのやり取りで白砂青松さんが実際の現場で使用されている人工メタンハイドレートの保管温度について知らないことが確認できました。

ですから、その「実際の現場」ってどこのことです?
私は、あなたが「公知」の情報を知らないから、それを書けないのだろうと思っているんですけど。


>これは、su-miさんや白砂青松さんの「公知されていれば問題ない」という主張が間違っているという証明です。

あなたの脳内情報が何時「公知」のものになったのです?
どうしてこれだけ言っても、あなたは「誰がどこで何の目的で」を書かないんです?
もはや、あなたはその人工メタンハイドレートのことをネット情報以外何も知らない、資源関係者も存在しない、としかみなしようがありませんけどね。


>確認や検証は、絶対に必要なはずです。

できるものは、既に終わっています。
あなたの脳内情報は、あなたが書かない限り、誰にもわかりません。

そして、あなたはJOGMECが利権を持っているという証拠を何時提示するんです?
あるいは、NEDOの持つ太平洋側のデータには何があるんです?

確認や検証は、絶対に必要なんですよね。
早くその結果を示して下さい。


なぜすでに説明したことを聞くのでしょうか?

なぜ、まったく同じ話を繰り返すのでしょうか?
すでにその話はしています。


■上記「白砂青松さんは公知情報を知らないではありませんか。」より引用
>私は、「私の親族の情報を信じろ」などとは言っていません。
>単に「私が青山繁晴氏の情報を信じる根拠」を言っているにすぎません。
>つまり、「私の個人的な情報によれば、青山繁晴氏の主張や解説は真実である」という趣旨です。
>私が問題にしたのは、「白砂青松さんが私の言葉を無かったことにしている」点です。


大変申し訳ないのですが、白砂青松さんが無価値と判断することと、私がその文章を書いた事実そのものを無かった事にすることは、まったく別です。


念のため、質問も再掲しておきます。




★質問
「人工メタンハイドレートは一部で使用されていますが、その大気圧下での保存(保管)温度は?」





あなた自身が「無かったこと」にしているんですよ

兵庫県さん

>なぜ、まったく同じ話を繰り返すのでしょうか?
>すでにその話はしています。

全くされていません。


>>つまり、「私の個人的な情報によれば、青山繁晴氏の主張や解説は真実である」という趣旨です。
>>私が問題にしたのは、「白砂青松さんが私の言葉を無かったことにしている」点です。

>大変申し訳ないのですが、白砂青松さんが無価値と判断することと、私がその文章を書いた事実そのものを無かった事にすることは、まったく別です。

無かったことにしているのは私ではなくあなたです。

あなたは、「確認や検証は、絶対に必要なはず」とおっしゃっている。

にも関わらず、

「私の個人的な情報によれば、青山繁晴氏の主張や解説は真実である」

という点についての確認や検証の結果を全く示さないではありませんか。

書いているのは私やsu-miさんの悪口ばかり。

「JOGMECやMH21がメタンハイドレート開発の利権を持っている」
「JOGMECやMH21は日本海側では調べていない、NEDOは太平洋側のデータも十分もっている」
「NEDOの人間が10年以上前から日本海のメタンハイドレートが結晶状で大量に賦存することは知っていたと言った(誰が? 何時?)」
「青山氏は10年前の技術を『新しい』『すごく進化』と評す、そういう脳内時計の持ち主だ」
「青山氏が、日本海側で2003年に見つかったメタンハイドレートの存在を、政府や『われわれ自身』以外のメタンハイドレート研究者が隠したと非難した事実など存在しない」

などなど、あなたが青山氏の主張が真実と語るにあたって、この場に示したこれらの論点について、あなたは何一つ「確認や検証」の結果を示さないではありませんか。

あなたが自身の発言について「確認や検証」をなさらない限り、あなたの発言に照らして、あなたが書いた言葉の価値もなくなる。言い換えれば、その書いた事実さえ意味をなさなくなる。

あなたがおっしゃったことです。

いくら、私達を貶めたところで、あなたや青山氏の言っていることが「真実」になどなりはしません。


>念のため、質問も再掲しておきます。

だから質問の態をなしていませんと、何度言わせれば良いのでしょう。
あなたの「質問」とやらは、例えば、

『一部では結婚している人がいますが、その年齢は?』

と聞いているようなものです。

これで何を答えろというのでしょう。
質問の条件が不明確だから、答えはいくつも出て来るじゃありませんか。

「わたしの?」「あなたの?」「1回目の?」「最低年齢?」「最高年齢?」「日本人の平均?」「世界の平均?」「男性の?」「女性の?」「事実根は含む?」「一夫多妻なら平均するの?」などなど

それぞれの答えは出て来るかも知れませんが、あなたの質問の条件がどれなのかは、あなたの脳内にしか存在しない。

これだけ書いてもまだわかりませんか?


白砂青松さん




>「私の個人的な情報によれば、青山繁晴氏の主張や解説は真実である」




その通りで、繰り返しになりますが、これは「私が青山繁晴氏の語る日本海メタンハイドレートに関する情報を信じる根拠」であって、白砂青松さんに信じろと書いたことはありません。




なぜ信じるかというと、
=============
●私が10年以上前に聞いたNEDOの日本海のメタンハイドレートの情報と、
●青山繁晴氏の語る日本海のメタンハイドレートの情報が、
=============
一致しているからです。




ついでながら、この日記のタイトル自体もおかしいですよね?
お金を儲けちゃいけないのでしょうか?
JOGMECもMH21も政府の予算、つまり国民の税金から儲けています。




たしかに、青山繁晴氏や青山千春博士は「日本のためになれば、自分たちが儲からなくてもいい」と明言し、実際にその通りに行動しています。
私個人としては、資源開発はきちんとお金を儲けて有益に利用してほしいと思います。
しかし、青山繁晴氏と青山千春博士がお金儲けを望んでいないのですから、その意思は尊重します。





では、改めて質問しますね。
もうそろそろ、白砂青松さんのNEDOにいる親族の方に確認できた頃ではないでしょうか?
ちゃんとネットでも「公知」されている情報ですから、白砂青松さんやsu-miさんの主張通りなら、「公知」されているのだから一般的な知識のはずです。





★質問
「人工メタンハイドレートは一部で使用されていますが、その大気圧下での保存(保管)温度は?」






これまた強烈な自爆

兵庫県さん

>その通りで、繰り返しになりますが、これは「私が青山繁晴氏の語る日本海メタンハイドレートに関する情報を信じる根拠」であって、白砂青松さんに信じろと書いたことはありません。

他人を間違い呼ばわりしておいて、こんな言い訳は通用しません。
だったら「間違い」と言ったことを謝罪しなさい。


>なぜ信じるかというと、
>=============
>●私が10年以上前に聞いたNEDOの日本海のメタンハイドレートの情報と、
>●青山繁晴氏の語る日本海のメタンハイドレートの情報が、
>=============
>一致しているからです。

ハイ、自爆。

青山氏は、日本海でメタンハイドレートを青山千春氏が2003年に発見したと言っています。
即ち10年以上前にNEDOの人がメタンハイドレートを見つけたとか言っていたなら、その人は青山氏によって嘘吐きと認定される訳です。

青山氏に否定される人の言っている事と、青山氏の言っている事が一致するわけがありません。

あなたが「確認と検証」を行っていないことが、また明らかになりました。


>たしかに、青山繁晴氏や青山千春博士は「日本のためになれば、自分たちが儲からなくてもいい」と明言し、実際にその通りに行動しています。

ウソウソ。
あれだけメディアに出て金儲けをしている人が何を言うかです。
彼らの行動の中に「儲からなくてもいい」なんて要素がどこにあるんです?

これから先、メタンハイドレートを開発して利益を上げるには10年近い時間と、数千億から兆レベルの資金が必要となります。
彼らはそれだけの時間をかけることなく、また開発資金を負担することなく、メタンハイドレートを本気で開発しようとしている人々を貶める、センセーショナルな言動を繰り返すことで、マスコミの耳目を引き、出演料、講演料、本の売り上げなどで、今、即ち、本当の開発で利益を得るよりずっと手っ取り早く稼いでいるだけ。
彼らのやっていることは、国民にとっては一銭の利益にも繋がりません。


>私個人としては、資源開発はきちんとお金を儲けて有益に利用してほしいと思います。

これもウソでしょ。
だってあなたはJOGMECが太平洋側に利権を持っているから信用できないと言ったではありませんか。
「利権」を持たなければ資源開発でお金儲けはできないのに、それを否定したのがあなたです。


>では、改めて質問しますね。

だから「質問」になってません。親族も同意見。

『一部では結婚している人がいますが、その年齢は?』

この「質問」にあなたが正解を答えられたら、お答えしますよ(笑)。


>ちゃんとネットでも「公知」されている情報ですから、白砂青松さんやsu-miさんの主張通りなら、「公知」されているのだから一般的な知識のはずです。

あなたの質問の条件が「公知」されていません。

********************

で、「確認や検証は、絶対に必要なはず」とおっしゃっているあなたが、

「JOGMECやMH21がメタンハイドレート開発の利権を持っている」
「JOGMECやMH21は日本海側では調べていない、NEDOは太平洋側のデータも十分もっている」
「NEDOの人間が10年以上前から日本海のメタンハイドレートが結晶状で大量に賦存することは知っていたと言った(誰が? 何時?)」
「青山氏は10年前の技術を『新しい』『すごく進化』と評す、そういう脳内時計の持ち主だ」
「青山氏が、日本海側で2003年に見つかったメタンハイドレートの存在を、政府や『われわれ自身』以外のメタンハイドレート研究者が隠したと非難した事実など存在しない」

などなど、あなたが青山氏の主張が真実と語るにあたって、この場に示したこれらの論点について、何一つ「確認や検証」の結果を示さないのは何故ですか?


またまた意味不明です。

>青山氏は、日本海でメタンハイドレートを青山千春氏が2003年に発見したと言っています。
>即ち10年以上前にNEDOの人がメタンハイドレートを見つけたとか言っていたなら、その人は青山氏によって嘘吐きと認定される訳です。



意味が分かりません。
NEDOが青山繁晴氏や青山千春博士、あるいは松本良教授よりも先に、日本海の海底に塊状のメタンハイドレートがあり、しかもそのメタンハイドレートが「海底から隆起」していることを知っていたというだけでしょう。

NEDOにいる白砂青松さんの親族の方は、どう言われていますか?



>あれだけメディアに出て金儲けをしている人が何を言うかです。

これも意味不明です。
“金儲け”と言えばイメージが悪いですが、著述や研究などの活動に対する「正当な報酬」ですよね?

それにsu-miさんの信じている青木直人氏なども、「文化人などのテレビ出演料は安い。はっきり言って講演の方が稼げる」という趣旨のことを書いています。

青木氏はさらに、情報で“金儲け”することについて批判?するような意見に対し、「情報はコストがかっている。お金は暖かい」とも書いています。



そして、何度も同じことを繰り返し説明していますが、白砂青松さんが「検証しろ」と言っているのは、あくまでも、「私が青山繁晴氏の情報を信じる根拠」です。


そして、これもすでに説明いたしましたが、この情報は私自身の信じる根拠ですから、白砂青松さんに信じろと書いたことはありません。




そして、なぜ信じるかというと、
=============
●私が10年以上前に聞いたNEDOの日本海のメタンハイドレートの情報と、
●青山繁晴氏の語る日本海のメタンハイドレートの情報が、
=============
一致しているからです。





そして、もうそろそろ、白砂青松さんのNEDOにいる親族の方に確認できたのではないでしょうか?
ちゃんとネットでも「公知」されている情報ですから、白砂青松さんやsu-miさんの主張通りなら、「公知」されているのだから一般的な知識のはずです。


実際に、ちょっとGOOGLEでネット検索すれば、すぐに分かる情報ですよ。





★質問
「人工メタンハイドレートは一部で使用されていますが、その大気圧下での保存(保管)温度は?」





矛盾とはこういうことを言うのです

兵庫県さん

>NEDOが青山繁晴氏や青山千春博士、あるいは松本良教授よりも先に、日本海の海底に塊状のメタンハイドレートがあり、しかもそのメタンハイドレートが「海底から隆起」していることを知っていたというだけでしょう。

知る筈がありません。青山氏は自分達が2003年に見つけたと言っているんですから。

彼にかかればそれ以前にメタンハイドレートが「海底から隆起」していることを知っていたNEDOの人間は嘘吐き。
そして、NEDOの人間がメタンハイドレートが「海底から隆起」していることを知っていたというあなたにかかれば、青山氏が嘘吐きです。

こういうのを矛盾というのですよ。


>“金儲け”と言えばイメージが悪いですが、著述や研究などの活動に対する「正当な報酬」ですよね?

だから「金儲け」しているではありませんか。青山夫妻の言っていることとやっていることは全く違う。

そして、その過程で、青山夫妻は「利権」をもっている会社やメタンハイドレートを真剣に開発しようとしている人々を、散々貶めている。

彼らは、メタンハイドレートを開発することでお金儲けをしているのではなく、メタンハイドレートを開発しようとしている他の人々を貶めることでお金儲けをしているのですよ。


>そして、何度も同じことを繰り返し説明していますが、白砂青松さんが「検証しろ」と言っているのは、あくまでも、「私が青山繁晴氏の情報を信じる根拠」です。

で、全くやっていない。

「JOGMECやMH21がメタンハイドレート開発の利権を持っている」
「JOGMECやMH21は日本海側では調べていない、NEDOは太平洋側のデータも十分もっている」
「NEDOの人間が10年以上前から日本海のメタンハイドレートが結晶状で大量に賦存することは知っていたと言った(誰が? 何時?)」
「青山氏は10年前の技術を『新しい』『すごく進化』と評す、そういう脳内時計の持ち主だ」
「青山氏が、日本海側で2003年に見つかったメタンハイドレートの存在を、政府や『われわれ自身』以外のメタンハイドレート研究者が隠したと非難した事実など存在しない」

などなど、あなたが青山氏の主張が真実と信じるにあたって、この場に示したこれらの諸点を、あなたは何時になったら「確認と検証」を行うのです?

そもそもの発端であるNEDOの人間云々すら、それが何時、どこで、誰が、どのように言ったものかさえ明かされない。

これで「信じる根拠」があるなんて、誰が納得しますか。
こういうのは、普通は宗教と呼びます。


>そして、もうそろそろ、

だから「質問」になってません。親族も同意見と書きました。

『一部では結婚している人がいますが、その年齢は?』

この「質問」にあなたが正解を答えられたら、お答えしますよ(笑)。


>実際に、ちょっとGOOGLEでネット検索すれば、すぐに分かる情報ですよ。

あなたの質問の条件、即ち脳内情報がネットで検索できるんですか(爆笑)。
是非やり方を教えて下さい。



しらべてみた

兵庫県さん採点をして頂けばと思います。

回答:
-80℃以下

引用:
...

展示・燃焼させる場所の温度が20℃とすれば、メタンハイドレートは1気圧の環境においてマイナス80℃以下で安定だから,
...

参考URL:
http://www.mh21japan.gr.jp/mh/02-2/

利用例:
- 燃焼実験
- 天然ガスを送るパイプラインの内側にこびりついているメタハイドレート(副次的)

白砂青松さんは反論できないようですね。

青森県さんへ。
わざわざお調べいただいたようで恐縮です。
そのお答えは正しいのですが、それはメタンハイドレートの科学的な性質でしかないのです。

実は、実際に使用されているメタンハイドレートは-80℃よりも、もっと常温に近い温度で保管されているのです。
そして、それはハイドレート全般について知識のある燃料・資源関係者、特にNEDOに勤めているような人間なら知っていなくてはおかしいのです。




その理由は簡単です。
危険物取扱の資格を取得するときに、メタン(天然ガス)の特性について必ず勉強するからです。




ちなみに、メタン以外にも、エタン、エチレンなどのガスもハイドレートになります。
したがって、ドライアイスが発見された時にはすでに、他のガスもハイドレートにあんることは理論的には分かっていたのです。
当時の技術ではメタンハイドレートを作ることは難しかった。
そして、当時の人たちにはそれが≪資源≫になるなんて思えなかっただけです。

白砂青松さんがコピペしているsu-miさんは、一生懸命「メタンハイドレートはいつ見つかったか。ロシアのパイプラインで~」などの歴史を書いて青山繁晴氏を非難していますが、実はその点でもかなり勘違いをされているのです。




だから、私は白砂青松さんにお聞きしているのです。
白砂青松さんご自身が、「(日本のあらゆる資源情報を管理保存する)NEDOに親族がいる」と言われたからです。

なら、メタンハイドレートの実際の保存温度についても知っているはずです。
危険物取扱の資格を持っている者、たとえばガソリンスタンドの店主でさえ、メタンハイドレートが実際には科学的データよりもずっと溶けにくい性質を持っていることを、必ず勉強するからです。




というわけで、青森県さんへの答えさせていただきます。

★「実際に使用されているメタンハイドレートの保存温度は、科学的スペックである-80℃よりも、はるかに常温に近い温度で保管できる」





そして、白砂青松さんには同じ質問を繰り返させていただきます。

★質問
「人工メタンハイドレートは一部で使用されていますが、その大気圧下での保存温度は?」







いつまで話を逸らし続けますか?

兵庫県さん

>実は、実際に使用されているメタンハイドレートは-80℃よりも、もっと常温に近い温度で保管されているのです。
>そして、それはハイドレート全般について知識のある燃料・資源関係者、特にNEDOに勤めているような人間なら知っていなくてはおかしいのです。

誰が、どこで、何の目的で「保管」しているのか、その条件を書かない限り、それは「実際に使用」などされていない、あなたの脳内にしか存在しないハイドレートです。
そして、これはNEDOに勤めていた私の親族も同意見です。


>危険物取扱の資格を取得するときに、メタン(天然ガス)の特性について必ず勉強するからです。

危険物取り扱いの資格に人工メタンハイドレートの保存温度、しかも条件未設定のケースなんて知識が問われることは絶対に有りません。
あったと言うなら、何年の試験にそのような問題が出ましたか?
書いてごらんなさい。


>白砂青松さんご自身が、「(日本のあらゆる資源情報を管理保存する)NEDOに親族がいる」と言われたからです。

あなたがNEDOのことを何も知らないことが、はっきりわかります。
誰が「(日本のあらゆる資源情報を管理保存する)」なんて言ってますか。そんなことを言っているのはあなただけ。あなたの脳内以外のソースを見せてごらんなさい。

>なら、メタンハイドレートの実際の保存温度についても知っているはずです。

知りません。
あなたの脳内に条件が隠されている以上、誰にもわかりません。

だいたいこれだけ書いているのに、未だに条件を書かないところからも、あなたが架空のNEDOの人間を構築したのは、最早間違いないと、ここを読んでいる皆さんは評価したことでしょう。


>危険物取扱の資格を持っている者、たとえばガソリンスタンドの店主でさえ、メタンハイドレートが実際には科学的データよりもずっと溶けにくい性質を持っていることを、必ず勉強するからです。

そんな勉強も知識も危険物取扱者の資格を取得するのに必要ないと断言いたします。

なぜなら、メタンは危険物じゃありませんから(爆笑)。

あなたが「騙り」であることは、このことからも明らかですね。


>そして、白砂青松さんには同じ質問を繰り返させていただきます。

『一部では結婚している人がいますが、その年齢は?』

この「質問」にあなたが正解を答えられたら、お答えしますよ(笑)。

==========

で、

「JOGMECやMH21がメタンハイドレート開発の利権を持っている」
「JOGMECやMH21は日本海側では調べていない、NEDOは太平洋側のデータも十分もっている」
「NEDOの人間が10年以上前から日本海のメタンハイドレートが結晶状で大量に賦存することは知っていたと言った(誰が? 何時?)」
「青山氏は10年前の技術を『新しい』『すごく進化』と評す、そういう脳内時計の持ち主だ」
「青山氏が、日本海側で2003年に見つかったメタンハイドレートの存在を、政府や『われわれ自身』以外のメタンハイドレート研究者が隠したと非難した事実など存在しない」

などなど、あなたが青山氏の主張が真実と信じるにあたって、この場に示したこれらの諸点を、あなたは何時になったら「確認と検証」を行うのです?


また同じ意味のない質問を繰り返すのでしょうか

白砂青松さん

最後に書かれている諸条件、たとえばNEDOが日本海のメタンハイドレートについて、青山繁晴氏と同じ内容のことを知っていたなどの話は、私が個人的に聞いた話であり、「私が」青山繁晴氏の解説を信じる根拠です。

だから信用していただかなくていいとまで書いているのに、なぜ信じなくてもいい事にばかりこだわり、検証を要求するのでしょうか?







>誰が、どこで、何の目的で「保管」しているのか、その条件を書かない限り、それは「実際に使用」などされていない、あなたの脳内にしか存在しないハイドレートです。



このお答えで、白砂青松さんが何も調べられていないことが分かります。
この質問は、「本当に白砂青松さんが検証してブログを書いているのかどうか」を確認させていただくのも、目的のひとつでした。



私がお聞きしているのは、wikipediaにすら書いてある知識なのですよ?
白砂青松さんがwikipediaすら調べようとしないのは、明らかにおかしいのではないでしょうか?
もちろん、これはこの知識を知らないために間違った青山繁晴批判をしているsu-miさんも同じです。



白砂青松さんには同じ質問を繰り返させていただきます。

★質問
「人工メタンハイドレートは一部で使用されていますが、その大気圧下での保存温度は?」





あなたの親族は信用ならない人だと自分で言うわけですね

兵庫県さん

>最後に書かれている諸条件、たとえばNEDOが日本海のメタンハイドレートについて、青山繁晴氏と同じ内容のことを知っていたなどの話は、私が個人的に聞いた話であり、「私が」青山繁晴氏の解説を信じる根拠です。

ですから、その「根拠」が客観的事実と反すると申しているのですよ。
「信じる根拠」であるなら、この客観的事実との齟齬をあなたはどう解釈しているのか、それを我々に表明する責任があります。


>だから信用していただかなくていいとまで書いているのに、なぜ信じなくてもいい事にばかりこだわり、検証を要求するのでしょうか?

あなたがこの場に書いているからではありませんか。

客観的事実と反していてもなお、「私は青山氏を信じます」というなら、それはもう「信仰」です。
であるなら、そんなものは自分の胸の内だけに収めて、独りで幸せな気分に浸っていなさい。

でも、あなたはこの場で、我々が、これだけ客観的事実を示して、それとの齟齬が明らかな青山氏や、いるのかいないのかさえわからないNEDOの人物が信用ならないと言っていることを、「悪質」「おかしい」「矛盾」などと評しているではありませんか。

こういうことを公の場で書くなら、ご自身の発言の根拠についても「検証」が必要。

他者と共有するつもりのない情報や解釈を、公の場に書く意味はありません。

そんなこともわかりませんか?

『確認や検証は、絶対に必要なはずです。 』

これはあなたの台詞です。そう言っている人が「検証」もせずに他人を批判するなんて、それこそ矛盾以外の何ものでもありません。

というか、『私の親族には実際に資源関係者がおり、その人物に確認して、青山繁晴氏の発言に間違いがないことは確認しております。』と言い切っていたのに、「信じなくてもいい」というなら、この「確認しております」は嘘だった、あるいはその「資源関係者」は信用ならない人物だと判断して結構だと、全ての人に向かって表明していることになります。


>このお答えで、白砂青松さんが何も調べられていないことが分かります。

その通りですよ。
あなたの脳内の条件設定など、私に調べる方法がある訳がありません。


>この質問は、「本当に白砂青松さんが検証してブログを書いているのかどうか」を確認させていただくのも、目的のひとつでした。

違うでしょう。
自分の生半可な知識をひけらかしたは良いが、それがデタラメとわかって、条件を明示することもできず、敢えて相手が答えられない状態にしたまま質問を繰り返し書き込んでいる。
つまり、逃げるのが目的です。

本当にそういう目的なら、私がお尋ねしている条件設定を、あなたが書けない理由がありません。


>私がお聞きしているのは、wikipediaにすら書いてある知識なのですよ?
>白砂青松さんがwikipediaすら調べようとしないのは、明らかにおかしいのではないでしょうか?

ではWikipediaのどこに、「兵庫県という人が質問している、人工メタンハイドレートの保管温度とは、誰某が、ドコソコで、コレコレの目的で「保管」しているケースのものを指している。」という記載があるのか、そのアドレスをこの場で書いて下さいな。
私は、そんなものを見たことが無い。

無いものは無いと証明できない。
書いてあると言っているあなたが書くのがルールです。

これを書かなければ、あなたは「悪魔の証明」を私に求めていることになる。
それは「明らかにおかしい」行為です。


>もちろん、これはこの知識を知らないために間違った青山繁晴批判をしているsu-miさんも同じです。

su-miさんのおっしゃっていることのどこに「人工メタンハイドレート」なんてものが関わって来ますか。
「ために」と言ったからには、きちんと論証して下さい。


>白砂青松さんには同じ質問を繰り返させていただきます。

『一部では結婚している人がいますが、その年齢は?』

この「質問」にあなたが正解を答えられたら、お答えしますよ(笑)。


面白かったです。

読み応えのある非常に面白い記事でした。
頭のおかしい(※悪い?)方々に絡まれて大変だと思いますが、今後も楽しみにしております。


で、答えは?

「人工メタンハイドレートは一部で使用されていますが、その大気圧下での保存温度は?」

「実際に使用されているメタンハイドレートの保存温度は、科学的スペックである-80℃よりも、はるかに常温に近い温度で保管できる」
でよいの?

質問自体が存在していませんから、答えにはならないでしょう

もきゅさん

> 「人工メタンハイドレートは一部で使用されていますが、その大気圧下での保存温度は?」
> →
> 「実際に使用されているメタンハイドレートの保存温度は、科学的スペックである-80℃よりも、はるかに常温に近い温度で保管できる」
> でよいの?

質問者が「人工メタンハイドレートは一部で使用されている」という具体的な事実を示していない。
即ち、その「保存温度」とやらがいくらかを答えるのに必要な前提条件を質問者が提示することから逃げている以上、「質問」自体が存在せず、結果、残念ながらあなたの書いた内容は答えにはなり得ません。

全ては質問者の現実逃避が原因です。


「A地点からB地点まで車で行ったら何時に着きますか?」

と同レベルの稚拙な質問に根気よく「距離は?」「時速は?」「高速使っていいの?それとも下の道で行くの?そこちゃんと言ってくんないと答えようがないじゃないの?」と訴えるも(あえて?)そこははぐらかされながら「ほうら、答えらんないじゃん。だめじゃん。」とからまれる、とゆう苦行を半年間。

うーん。お疲れ様です。
揚げ足とろうとして質問にトラップしかけたつもりが自爆して引っ込みつかなくなっちゃった感じなんですかね?兵庫県さんは。
最初はただただ暴言吐くだけの他の反論者と違ってちゃんと紳士的に反論する人だなぁと思って読み始めたんですけど、読み進めるに従ってどんどんおかしくなってっちゃって青山さん贔屓の僕でも「白砂青松さんてば完全にからまれてるだけですやん。兵庫県さんてばもう建設的な議論する気ゼロですやん。」と思ってしまいました。

青山さんのファンなんでたまたま「青山繁晴 メタンハイドレート」の検索に引っかかったんで読みに来ました。まあ兵庫県さんのような熱烈な青山さん信者(もしかしたら ただ単に言い負かされたくないだけの人かもしんないですけど)と比べたら完璧ニワカファンですけど。実際、青山さんの発言は無知な僕からしたら勉強になるし共感できるところが多いので(かといって全部ではないです)討論番組やニュース解説に青山さんが出てると観てしまう、といった程度のファンです。(ファンとか言ってるくせに本買ったり講演会行ったりまではしてないですって意味です)
青山さん恒例の寝てない自慢とニュースの解説から徐々に芝居がかったアジテーション演説にシフトしていくパターンも、「おっ青山さん今日もエネルギッシュにがんばってますな。」と微笑ましく観ています。実際テレビで抑揚もなく小声でぼそぼそ喋られてもギャラ泥棒なだけで誰も観てくれないし、本気で世論に訴えようとしたらスキルとして当然使うべきですからね。
でもメタンハイドレートに関して言えばこのブログを見ただけで言うのも何ですが、青山さんの言うことも話半分で聞いたほうが良いのかなぁ。なんて感じてます。

どっちにしろ「頭ごなしに批判する」のと「盲目的に信じちゃう」のって僕みたいな中途半端にアホな人はついつい楽なんでやっちゃいそうになるので気をつけなきゃなぁって思います。


吉報!太平洋側にも表層型メタンハイドレート発見! 青山千春 独立総合研究所 資源大国日本! 0
2014/7/8(火) 午前 10:55

この記事は表層型が発見される前の内容、ってことでいいんだよね?

どうでもいいニュースですね

イルボン速報@名無しさん

> 吉報!太平洋側にも表層型メタンハイドレート発見! 青山千春 独立総合研究所 資源大国日本! 0
> 2014/7/8(火) 午前 10:55
>
> この記事は表層型が発見される前の内容、ってことでいいんだよね?

全く関係ないですけど。
太平洋側に表層型があるなんてことは、昔からわかっていたことですけど、生産するのに簡単な砂層型をターゲットにしていただけのこと。

今になって大発見みたいなことを言う人は、それだけで本気で開発する気が無い、これをネタに小銭を稼ごうとしている人だと見て間違いありません。

ちなみに、このシリーズの(1)のコメント欄で紹介したように、青山繁晴が
--
日本海のメタンハイドレートを実用化して、韓国はあと、2年で実用化すると言ってんですから、ほんとは日本の技術力をもってすれば2年もかかんないと思われます。
--
と言ってから、既に2年半です。

その間、彼がメタンハイドレートの実用化に資するような具体的な提言を何かしたでしょうか?
私の知る限り皆無です。


答えは分かりましたでしょうか?

安倍晋三首相が所信表明演説で青山繁晴氏の主張してきた表層型メタンハイドレート開発に言及しましたね。



条件によっては、新潟県上越市沖の表層型メタンハイドレート層なら、従来の海底炭鉱方式で十分採掘が可能です。



最近の報道と政治の動きによって、私の主張も間違っていなかった事もお分かりいただけたことと思います。



すでに三井造船などによるメタンハイドレートの実用シミュレーションも終了しています。



さて、先だっての私の質問ですが、答えはもうお分かりになったでしょうか?



まだお分かりでないようでしたら、もう一度お調べになることをお勧めいたします。







本日ももメタンハイドレートの報道がありました

本日もメタンハイドレートについて、テレビ報道がありました。
残念ながら、白砂青松さんやsu-miさんの言説が間違っている事が、次第に明らかになっております。

相変わらず進歩がありませんね


兵庫県人さん

>安倍晋三首相が所信表明演説で青山繁晴氏の主張してきた表層型メタンハイドレート開発に言及しましたね。

それが何か?
安倍が口だけで何もやらないのは、今回のイスラム国人質事件でも立証済みですけど、何か意味があるんですか?

で、青山某によれば日本政府は日本海側のメタンハイドレートは自らのメンツと利権集団を守るために開発しないんじゃなかったんでしたっけ?

宗旨替えですか?

>条件によっては、新潟県上越市沖の表層型メタンハイドレート層なら、従来の海底炭鉱方式で十分採掘が可能です。

じゃああなたが資金を出してやってみたらいかが?
というか、青山某に資金を出させましょうよ。

実際には、その条件が揃うまで何十年もかかるでしょうし、砂層型よりもずっと遅れるのは確実ですよ。
というか、海底炭鉱ってのは海底に石炭が露出しているわけではない、ただの坑内掘りの炭鉱がたまたま海域にも広がっているだけなんですけどね。
さてさて、その「方式」をどう使うつもりなのやら。
ちなみに、最近石炭価格は下がっているとはいえ、同じ量のメタンハイドレートに含まれるメタンの4倍くらいの価値はあるんですけどね。

>最近の報道と政治の動きによって、私の主張も間違っていなかった事もお分かりいただけたことと思います。

大間違いであることは確定しております。

=====
「JOGMECやMH21がメタンハイドレート開発の利権を持っている」
「JOGMECやMH21は日本海側では調べていない、NEDOは太平洋側のデータも十分もっている」
「NEDOの人間が10年以上前から日本海のメタンハイドレートが結晶状で大量に賦存することは知っていたと言った(誰が? 何時?)」
「青山氏は10年前の技術を『新しい』『すごく進化』と評す、そういう脳内時計の持ち主だ」
「青山氏が、日本海側で2003年に見つかったメタンハイドレートの存在を、政府や『われわれ自身』以外のメタンハイドレート研究者が隠したと非難した事実など存在しない」
=====

あなたが青山氏の主張が真実と信じるにあたって、この場に示したこれらの諸点に対して、「確認と検証」をすることから逃げたのですから。

更には、他の団体が日本海側の調査を始めて以来、青山が沈黙していることも、あなたの主張が間違っていたことを示しています。

>すでに三井造船などによるメタンハイドレートの実用シミュレーションも終了しています。

ホント、情報の意味をきちんと把握できない人ですね。
シミュレーションの結果、開発できない、という結論だって「終了」なんですよ。

更には、三井造船は自分たちが開発する気なんて全くないんですよ。
彼らは、税金で賄われるメタンハイドレート「研究」に必要な仕事を取ろうとしているだけ。彼らはそれで利益を得られるのであり、メタンハイドレートが商業的に生産できなくても一向にかまわないってことも、あなたには理解できないのでしょうね。

>さて、先だっての私の質問ですが、答えはもうお分かりになったでしょうか?

『一部では結婚している人がいますが、その年齢は?』

この「質問」にあなたが正解を答えられたら、お答えしますよ(笑)。


未だに日本海のメタンハイドレードは実用化されないな(大爆笑)
石炭価格も原油価格も大幅下落で膨大なコストのかかるメタンハイドレードなんか
もはや資源の選択肢にすらならないけど

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム