プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルジェリア事件で実名報道批判をする人の不思議(1)


さて、アルジェリアの話を書いていたのですが、別件を割り込ませた上に、ちょっといろいろと忙しかったもので、間が開いてしまいました。
書きかけていたネタを再開します。

====================

今回のアルジェリアでの事件で、政府が被害者の実名を伏せるという発表をしましたが、マスコミがそれに逆らって実名報道を行い、特にそれを朝日新聞が口火を切ったとかで、「マスゴミがぁー」と怒っている人々が居るようです。

このブログの1月27日付けのエントリにも、エントリの趣旨と関係ないのに、そういった方からコメントがありました。

--
アルジェリア人質拘束事件について、犠牲者の実名を非公表とした日本政府に対し、朝日新聞が22日朝刊で実名報道を開始。メディア各社が追随したことに対し、論議を呼んでいる。

21日深夜、日本政府は同事件で日本人犠牲者がいたことを確認し、公表した。その会見の際に菅官房長官は、会社(日揮)、ご遺族と相談の上、実名は公表しないことに決めたと、犠牲者の実名を明かさないことを表明した。

しかし翌22日、朝日新聞は朝刊に犠牲者の実名と写真を公表。これを受けてテレビ、新聞各社も追随、実名が広く報道されることになった。

犠牲者の甥という本白水智也氏は23日になり、Twitterで「朝日新聞の記者は2つ約束をしておりました。
『実名は公表しない』『本白水さんの許可がなければ絶対に記事にしない』。この2つの約束を破りました」と朝日新聞記者とのやりとりの一部を公表。1000件を超えるリツイートがなされている。

http://www.rbbtoday.com/article/2013/01/23/101659.html
--

ちなみに、これはURL先からの引用ではなく、zという方がコメント欄に書かれた全文。つまりご自身の意見は一言も無し。これがエントリの趣旨とどう関係あるのですかとお尋ねしたのですが、結局反応無しです。

で、この問題では大きく2つの疑問があります。

まず第一の疑問は、何故、政府は実名を公表しないとしたのか。
「ご遺族と相談」なんて言ってますけど、実際にあれだけマスコミの取材に応えていたご遺族がいたのですから、その点ではコンセンサスは取れていなかったことは明白。
もちろん、公表を拒まれるご遺族が一人でもいれば、全てを非公表にしなければならないとも言えるので、意見が一致していなくても非公表という決定はアリですけど、それならちゃんと「ご遺族の中に公表を拒まれた方が何人か居た」と言うべきでしょうね。

そして、そもそも非公表にしてどんなメリットがあったのでしょう。
事件の被害者なのに実名を公表されたくないというのは、普通は、その被害者がその場所に居たことか、そのような事件に遭ったこと自体を知られたく事情がある時です。よくあるのは、風俗店のようなところで事件に巻き込まれたとか、性的な犯罪の被害者になった時とか。

今回の事件がそれに該当するでしょうか? 答えは否

全員会社の命で現地に赴き、本人のあずかり知らぬ理由で武装勢力に殺されたのであり、個人名を隠さなければならない理由は無いはずです。
これで実名を公表しないというなら、犯罪被害者の実名を公表できるケースなんて一つも残らないでしょう。

だいたい、この事件の被害者は皆、企業の社員が社業に就いていて巻き込まれたのであり、彼らと社会的な繋がりを持った人は沢山いる。私の知り合いにも日揮の社員はいるし、別の知り合いはかつて別のプラント建設現場で一緒に仕事をした日揮の知り合いも犠牲になったのではないかと、とても気にしていた。
もし、知り合いが亡くなっていたらお見舞い行かなければならないとか、考えた人は大勢いたはずであり、これまでのこういったケースでは、マスコミで報道される犠牲者の氏名を見て判断できたのに、非公表ではそれもできなくなる。
直接確かめろなんて言う人もいるかもしれませんけど、会社関係の繋がりでは自宅なんて知らないし、会社に問い合わせて簡単に答えが得られるなら非公表にする意味が無いし、百歩譲って自宅を知っていたとしても、「○○さん大丈夫でしたか?」と聞いて「大丈夫でした」と答えてくれれば良いですけど、もし亡くなっていたら、とても不躾なことを聞いたことになることを思うととても聞けないのが普通。
そういう意味でも、今回のケースでは、マスコミが犠牲者の実名を公表する意味もあったと私は考えています。

では、何故、非公表にしたのか。
結局、非公表にして一番得をするのは誰かと言えば、それは日本政府と日揮
だったら、彼らの思惑で非公表にしたのだと考えるのが妥当でしょう。

今回、犠牲者が出たのは、まず武装勢力の行動に原因があり、次いでアルジェリア政府の対処が不適切であったかもしれないという点があるでしょう。
しかし、それに加えて、日本政府もアルジェリア政府の行動に何も口を挟めなかったことが批判される可能性があり、そして何より日揮に対しては、現地の安全確保のための対策をきちんと講じていたのかという疑問が呈されることは避けられないでしょう。
その時、非公表ということになれば、遺族が政府や日揮を批判するにしても「匿名」でやらなければならなくなり、「匿名」では、その批判者は実は「なりすまし」であるなんて言説を振りまけば批判を潰せる。
そういうダメージコントロールを目論んだというのが私の考えです。

それにしても、普通、こういう事件に巻き込まれれば、会社は「社葬」くらいのことはやるものですよね。実名非公表で「誰某さん安らかに」なんて弔辞すら読めない状態にして、日揮はどうするつもりだったのでしょう。
水面下でいくばくかのお金で渡して、遺族に箝口令を布いて、時が過ぎるのを待つつもりだったのでしょうか?

善かれ悪しかれ、戦前の日本では戦争に人を駆り立てるのに、靖国神社というツールを使って、戦死したら国を挙げて顕彰しますと言っていた。それが戦争遂行に欠かせないものであったというのは事実。

実名報道を日揮がさせたくないということは、この会社では社命で危険な地に行って命を落としても、その人を会社としてはリスペクトする気が無いってことになりますよね。もちろん、危険を避けることを第一に考えるのが最優先ではりますけど、少なくとも、今後海外で仕事をする他の社員の士気を考えたら、下手なやり方だったと思います。

私も、仕事に行った先で命を落とした時に、自分が名無しの権兵衛として葬られるのはご免こうむりたいですね。自分が社命が引き金になって死んでも、それが誰かわからない状態にされていたら、その社命の存在自体も一緒に葬られ、遺族は蔑ろにされるのではないかと疑いたくなりますから。

続きます。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< アルジェリア事件で実名報道批判をする人の不思議(2) | ホーム | メタンハイドレートで一儲けしようとする人達(青山繁晴氏・青山千春氏)(その4終) >>


コメント

privacy vs freedom of speech

報道の自由vsプライバシーと勝手につけてしまったが、加害者、被害者の名を公表するのは社会的慣習となっているし、報道の自由という人権条項にもとずいているので法的に阻止できない。
ただし、プライバシーという法的視点として、まず最初に故人の遺族(法的相続人)に知らせ、社会的に重要な事件の関係者として新聞で公表されることになっている。遺族関係者に知らせない限りは政府は名前を公表しない、というのが米国の慣例となっている。
政府が実名を明かさない、といった高官は、政治のプロらしくない、という印象を。日本はこれからも大変ですな、という印象です。



まったくそのとおり

僕も全く同じことを思いました。犠牲者にもし知り合いがいたら、すぐかけつけたいところです。それを隠してしまったら全くわからなくなる。もし航空機が落ちたら同じように名前非公表とかやるんでしょうか?
それと企業としては事実を隠したいところも多々あると思います。何でもかんでも非公表となると不都合なところまで隠されてしまう可能性があります。被害者の年齢などを見てもいろいろわかるところがあります(高齢者が多いなあとか)。こういうところまで知らせるのはマスコミの義務だと思います。

ずれている

この件でマスコミが批判されているのは実名報道云々でなく
情報提供者との約束を破って報道した、という点じゃないでしょうか。
論点がずれている以上、日揮がぁ~政府がぁ~と仰っても伝わらないかと。

>仕事に行った先で命を落とした時に、自分が名無しの権兵衛として葬られるのはご免こうむりたいですね
実名が公表されなければ名無しの権兵衛で葬られるってのはおかしくないですかね。
この場合、葬る遺族は犠牲者の名前を知ってるわけですし。

自分としては実名報道はすべきだったと思うんですが、
メディアスクラムの動画や、実名発表しただけで、あっという間に他のニュースに埋れてしまったのを見ると
今のテレビや新聞がプライバシーを託すに足るのかな?
という疑問も感じます。

ずれている?

マスコミがニュース事件に直接関連した氏名を公表するのをブロックすることは法的に可能ではないと思う。
むしろ、個人的に取材に応じるか否か決めるのは遺族関係者の方だ。
遺族の名を公表しない?という新聞記者の言動は不適切か、不思議に感じられる。というのは、他の新聞は当然公表するからだ。
取材に応じればその内容は報道される。日本の大新聞はやるべきことをしただけのように見える。

私達は皆、社会的事件に巻き込まれればマスコミに氏名を公表される。氏名どころか、個人的なこともいろいろと書かれるだろう。
しかし報道の自由によって膨大な恩恵を受けていることを忘れてはならない。


Re: privacy vs freedom of speech

chukaさん

>政府が実名を明かさない、といった高官は、政治のプロらしくない、という印象を。日本はこれからも大変ですな、という印象です。

正直言って、

政府が何でそんなことを決めるの?
今回の事件の被害者名には、何か政治的な意味があるの?

って感じでしたね。

>私達は皆、社会的事件に巻き込まれればマスコミに氏名を公表される。氏名どころか、個人的なこともいろいろと書かれるだろう。
>しかし報道の自由によって膨大な恩恵を受けていることを忘れてはならない。

おっしゃる通りだと思います。


Re: まったくそのとおり

マンモウ戸隠さん

>もし航空機が落ちたら同じように名前非公表とかやるんでしょうか?

今回、エジプトの熱気球事故でお亡くなりになった方々の名前は直ぐに報道されましたよね。
政府は、非公表にすべきとは言わなかったのでしょうか。

>何でもかんでも非公表となると不都合なところまで隠されてしまう可能性があります。

私は、今回の日揮の対応については、これを考えたのではないかと疑っています。
実名を報道しないとすれば、今後の日揮の対応に遺族が不満をもっても、それを噂話のような形でしか報ずることができませんから。


このエントリで書いたのは政府の実名非公表という方針についてです

freqpsさん

>この件でマスコミが批判されているのは実名報道云々でなく
>情報提供者との約束を破って報道した、という点じゃないでしょうか。
>論点がずれている以上、日揮がぁ〜政府がぁ〜と仰っても伝わらないかと。

あのー、「まず第一の疑問は、何故、政府は実名を公表しないとしたのか。」とエントリに書かせていただいたんですけど、そこは読んでいただけませんでしたか?

「情報提供者との約束」は、マスコミとその情報提供者の間でしか成立しないものであって、政府が口を出す話じゃありません。

そして、仮に「情報提供者との約束」にフォーカスを当てたとしても、被害者の実名を知っている人なんて、それこそ数十人、数百人と存在するのであり、特定の情報提供者がそんな「約束」を結んだところで、他の情報提供者の意向をまげることはできません。
ですから、少なくとも実名を報じないという約束を結ぶことは、最初からおかしな話なんですけどね。

>実名が公表されなければ名無しの権兵衛で葬られるってのはおかしくないですかね。
>この場合、葬る遺族は犠牲者の名前を知ってるわけですし。

名無しの権兵衛で葬られるというのは、遺族にしか知られず、社会的には何で命を落としたのかわからないまま葬られるってことです。

企業がそういう場所に派遣した責任を取ろうとしなかった時、実名報道しないという制約が課せられていたら、その企業の非道を世間に訴えることすらできないのですよ? だって、遺族は自分が何者か言えないんですから。
つまり、実名報道しないことにすれば、企業は自分達の責任も闇に葬り易くなる。

私は、そんなことになるのはゴメンです、ってことです。

>今のテレビや新聞がプライバシーを託すに足るのかな?

もともとマスコミはプライバシーを託す相手じゃありませんし、被害者の実名が報道されることとプライバシー云々に絡めることが、ずれていると思います。


>>あのー、「まず第一の疑問は、何故、政府は実名を公表しないとしたのか。」とエントリに書かせていただいたんですけど、そこは読んでいただけませんでしたか?

タイトルが
アルジェリア事件で実名報道批判をする人の不思議(1)
でしたので、反射的に書いてしまいました
申し訳ありません。


>>企業がそういう場所に派遣した責任を取ろうとしなかった時、実名報道しないという制約が課せられていたら、その企業の非道を世間に訴えることすらできないのですよ? だって、遺族は自分が何者か言えないんですから。

なぜ実名報道でないと言えないのでしょう?
FaceBookやTwitterや口コミで公表するのも?
それこそ法で縛ることは出来ない権利だと思うんですけど。


>>もともとマスコミはプライバシーを託す相手じゃありませんし、
それは違うと思いますけどね。
マスコミって情報を商品にしている以上、そこにはプライベートな情報って必ず含まれています。
まあ、マスコミ以外もそうですけど。

自分のようなずれた意見にまで丁寧な返答、有難うございます。

実名報道されなければ「本者」と「偽者」の区別がつかなくなります

freqpsさん

>なぜ実名報道でないと言えないのでしょう?
>FaceBookやTwitterや口コミで公表するのも?
>それこそ法で縛ることは出来ない権利だと思うんですけど。

だって、自分が遺族だと証明できないじゃないですか。
世の中には誰が被害者かは知らされていないのですから、いくら自分が何者かを名乗ったって、遺族であることを主張することはできません。

例えば、政府や日揮の対応が酷いことを告発なんてしたら、今のこの国ではまず間違いなく、政府や日揮を擁護しようとする人が現れ、そういう人がまず手がけるであろうことは、告発者は本当の遺族じゃない、騙りだというキャンペーン。
そして、被害者は誰某で、自分はその身内の誰某、と言ったりすれば、勝手に被害者名を明かすなど、他の被害者の迷惑を考えない自分勝手な奴、そんな者は遺族を名乗る資格無し、もしくは遺族の名を騙る偽物に決まっている、なんてバッシングが起こされる。

その「権利」を主張するということは、遺族を守るという大義名分の下に実名報道をしなかったという前提がある中では、他の遺族を裏切る行為となるのですよ。
ですから、言えなくなるのです。

そして政府や日揮がそれを狙っていた可能性はあると、私は思っています。

>マスコミって情報を商品にしている以上、そこにはプライベートな情報って必ず含まれています。
>まあ、マスコミ以外もそうですけど。

その通りですよ。
ですからプライバシーを守るのは自分自身と法であって、マスコミの自主的な行動に託すものではないと、私は思っている訳です。

遺族でのあることの証明? そんなのマスコミがやる必要はない

>だって、自分が遺族だと証明できないじゃないですか。
>世の中には誰が被害者かは知らされていないのですから、
>いくら自分が何者かを名乗ったって、遺族であることを主張することはできません。

今回の場合は、その遺族自身が実名を公表しないことを
選択してますな。
つまり、「自分は遺族だ」と公に主張する気がない。

仮に、後で気が変わって遺族が日揮や政府の対応について批判・非難するなら
弁護士などの代理人を通じて法的に訴えることも出来るわけだし
法的手段に出なくても、代理人を通じて声明を発表することもできる。

他に手段があるにも関わらず、わざわざマスコミが遺族との約束を破ってまで報道して
遺族であることの正当性を無駄に宣伝する必要はない。

実名公表の賛否は色々あるけれど、あなたの理由付けはちょっと素性が悪いですな。

遺族でのあることの証明をマスコミがやるなんて何時言いました?

>今回の場合は、その遺族自身が実名を公表しないことを
>選択してますな。

全員がしていましたか?
政府がそう発表する前にマスコミに露出していた被害者の身内の方が居たと、私は認識していましたけど。
実際に実名報道を批判した遺族も極一部だけでしょう(私が知っているのは一人だけ)。


>仮に、後で気が変わって遺族が日揮や政府の対応について批判・非難するなら
>弁護士などの代理人を通じて法的に訴えることも出来るわけだし
>法的手段に出なくても、代理人を通じて声明を発表することもできる。

法廷の場で訴えること以外はできませんね。
即ち、世間に訴えることで会社の道義的責任を問うことはできない。
だって、自分達が「騙り」ではないと証明する手段が無いのですから。


>他に手段があるにも関わらず、わざわざマスコミが遺族との約束を破ってまで報道して
>遺族であることの正当性を無駄に宣伝する必要はない。

マスコミが報じることで、『今』、「遺族であることの正当性」なんてものを宣伝せよなんて言ってませんよ。「遺族であること」の証明が必要になる可能性があるのは『将来』の話です。

『今』、そんな「約束」を結ぶと、『将来』、遺族が不当な扱いを受けても泣き寝入りせざるを得なくなる可能性がある。それを防ぐためには、そんな「約束」は結ぶべきじゃない。
逆に、そんな「約束」を結ぼうとした者は、『将来』、日揮や政府が遺族から何か文句を言われるリスクを避ける意図があったのではないかとも受け取れる。

そして「遺族であることの正当性を宣伝する必要」があるのは、マスコミではない。遺族です。

そういう話です。


>実名公表の賛否は色々あるけれど、あなたの理由付けはちょっと素性が悪いですな。

私の「理由付け」の中身を、そもそもご理解いただいていないようですね。


>>仮に、後で気が変わって遺族が日揮や政府の対応について批判・非難するなら
>>弁護士などの代理人を通じて法的に訴えることも出来るわけだし
>>法的手段に出なくても、代理人を通じて声明を発表することもできる。

>法廷の場で訴えること以外はできませんね。

できるよ。ブログなり週刊誌の取材に応じるなり。
方法はいくらでもある。あなたが勝手にできないと思っているだけ。

>即ち、世間に訴えることで会社の道義的責任を問うことはできない。

できるよ。
なぜできないと思うの?

>だって、自分達が「騙り」ではないと証明する手段が無いのですから。

あるよ。弁護士などに証明してもらうなり、
マスコミに対して記者会見を開くなり。
手段がないと思うのは、あなたが勝手にそう思い込んでいるだけ。

>マスコミが報じることで、『今』、「遺族であることの正当性」なんてものを宣伝せよなんて言ってませんよ。
>「遺族であること」の証明が必要になる可能性があるのは『将来』の話です。

ここはわかる。

>『今』、そんな「約束」を結ぶと、『将来』、遺族が不当な扱いを受けても泣き寝入りせざるを得なくなる可能性がある。

なんで?
不当な扱いを受けたなら法律に訴えればいいじゃん。
ブログやHPを立ち上げてもいい。
HPで日揮の社員証とパスポートと死亡届でもアップすればバッチリ。

>それを防ぐためには、そんな「約束」は結ぶべきじゃない。

意味不明。約束って何?
マスコミが『今』証明しなくても、遺族であることを証明する方法はいくらでもある。
にも関わらず、なぜ『今』それをやらないといけないの?

>逆に、そんな「約束」を結ぼうとした者は、
>『将来』、日揮や政府が遺族から何か文句を言われる
>リスクを避ける意図があったのではないかとも受け取れる。
これは全然意味不明。
主語は遺族なの?マスコミなの?政府なの?
その主語は何を問題だと考えたの?

>そして「遺族であることの正当性を宣伝する必要」があるのは、
>マスコミではない。遺族です。

>そういう話です。

で、遺族の中で、その『証明』を利用した人はいるの?

>私の「理由付け」の中身を、そもそもご理解いただいていないようですね。

・『証明』代替手段がいくらでもある
・最初の時点で遺族が公表を拒否している状況
・その時点で使うかどうかもわからない『証明』のために遺族との約束を破ってまで報道
・その結果得られた『証明』を遺族が特に利用している様子もない

こんな状況で、『証明』とやらのメリットを理解しろと言われてももねー。
普通は「いらねーじゃん」って結論にならない?



ところでここのブログのコメントに
「本白水氏の遺族」を名乗る人が現れて、あなたの記事に対して
賛意(例:「私たち遺族の気持ちを代弁してくれてありがとう」とか)、
あるいは反意(例:「遺族の気持ちを踏みにじるような記事を書くな」とか)のコメントを書いた場合、
あなたはそのコメントをどう扱うつもりのか?

 ・本当の遺族として扱うのか?
 ・偽者と談じるのか?
 ・身元の正当性の証明を求めるのか?
 ・無視するのか?
 ・あるいはそれ以外の対応をとるのか?

あの「約束」は、皆が墓場まで黙っていなきゃいけないって意味だってこと、わかってます?

通りすがりさん

>できるよ。ブログなり週刊誌の取材に応じるなり。
>方法はいくらでもある。あなたが勝手にできないと思っているだけ。

できませんよ。
いくら取材に応じたって、実名は明かせないんですから。
自分の名前を言ったって、誰が被害者か誰も知らせてはならないんですから。
日揮を陥れる意図を持った偽者と言われて終わりですよ。


>あるよ。弁護士などに証明してもらうなり、
>マスコミに対して記者会見を開くなり。
>手段がないと思うのは、あなたが勝手にそう思い込んでいるだけ。

弁護士だってグルと言われるだけ。
被害者が誰かを誰にも知られてはならないという条件下で、どうやって自分が遺族だと証明するんです?


>不当な扱いを受けたなら法律に訴えればいいじゃん。

法的な責任を問うのは非常に難しいでしょうね。
問えるのは道義的な責任、企業としての社会的責任、といったところ。


>ブログやHPを立ち上げてもいい。
>HPで日揮の社員証とパスポートと死亡届でもアップすればバッチリ。

だから、それはやっちゃいけないんですよ。やったら、遺族の風上にも置けない裏切り者と批判されます。

皆が、誰が被害者か言わずに墓場まで持って行くというのが今回の政府の決定ですよ。こんなことが許されるなら、最初から「公表しない」なんて言う意味がありません。


>約束って何?

誰も被害者の実名を公表しない、でしょ。


>にも関わらず、なぜ『今』それをやらないといけないの?

『今』ならマスコミという組織で、事件を隠蔽しようとしているとしか思えない「勢力」と立ち向かうことになる。でも『将来』日揮の非道を訴えようと思ったら、遺族個人で、その「勢力」と対抗しなければならなくなる。そして、周囲からは「約束」を破った裏切り者と言われる。
今のマスコミですら、これだけネットなどで叩かれているのに、それが個人に向けられたらどうなるか、と思えば、皆さん泣き寝入りするでしょうね。
そして、それが日揮などの狙いではなかったかと思われるってこと。


>主語は遺族なの?マスコミなの?政府なの?
>その主語は何を問題だと考えたの?

こんなもの「私」に決まっているじゃありませんか。
述語は「受け取れる」ですよ。
何で他の人のことを主語にできるんです?


>で、遺族の中で、その『証明』を利用した人はいるの?

今後出て来る可能性は十分にある。
マスコミで日揮の対応を批判する遺族が現れたら、それがその人ですから。


>・『証明』代替手段がいくらでもある

どうやって被害者の実名を公表しないで「証明」するんです?


>・最初の時点で遺族が公表を拒否している状況

極一部の遺族だけです。少なくとも表立って言っているのは本白水さんという一人しか知られていません。


>・その時点で使うかどうかもわからない『証明』のために遺族との約束を破ってまで報道

どう使うかははっきりしています。日揮等に遺族を蔑ろにさせないためです。
そして、あなたが言うような「代替手段」を採り得るなら、そもそもそのような約束を結ぶ意味がありません。


>・その結果得られた『証明』を遺族が特に利用している様子もない

それは、『将来』のためですよ。まずは日揮の出方待ち。
というか、既に実名が公表されたので、この『証明』は容易に出来るようになった。言い換えれば、日揮は遺族を蔑ろにはできなくなったということで、既に「利用」できているとも言えます。


>普通は「いらねーじゃん」って結論にならない?

実名を明かさないでどうやって『証明』するのか、それが示されない限り、あなたの結論には論拠がありません。


ネット上では書かれた内容が全て

通りすがりさん

>ところでここのブログのコメントに
>「本白水氏の遺族」を名乗る人が現れて、あなたの記事に対して
>賛意(例:「私たち遺族の気持ちを代弁してくれてありがとう」とか)、
>あるいは反意(例:「遺族の気持ちを踏みにじるような記事を書くな」とか)のコメントを書いた場合、
>あなたはそのコメントをどう扱うつもりのか?

答えは

> ・あるいはそれ以外の対応をとるのか?

これですね。

ネット空間では、リアルな世界での個人の属性が何かというのは通常は意味を持ちません。その属性情報が正しいか誤りかは、よほどのことが無い限りわからないからです。
だから、遺族を名乗るのは自由ですけど、それに論拠にした主張には意味が無い。そして、ネット上ではその他大勢と同じ扱い、即ち、何らかの主張をするなら、属性ではなく、そこに書かれた論拠に基づいてのみ判断される、ということを、ブログ主として書かせていただきます。

ところで「本白水氏」という被害者は今回いないんですけど(苦笑)。
実名報道しないと、こういう間違いも起きるってことですよ。
そもそも本白水さんが遺族を名乗れるのも、実名報道があったからですし。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム