プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メタンハイドレート産出試験に成功


3月12日に、東部南海トラフで行われていた、メタンハイドレートの産出試験において、ガスの生産が確認されました。

まずは一定の成果を納めたようで、関係者の努力をねぎらいたいと思います。

--
メタンハイドレートからの天然ガス生産試験に成功 海底からは世界初
2013/03/12 12:09

 経済産業省は12日、愛知県沖の深海で進めていた次世代エネルギー資源「メタンハイドレート」から天然ガスを取り出す生産試験で、ガスの生産を確認したと発表した。海底からの試験成功は世界初で、将来の国産天然ガス資源として期待される。

 試験は、国の委託を受けた独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)などが、同日午前5時40分から地球深部探査船「ちきゅう」を使って実施。愛知県の渥美半島沖の水深、約1千メートルの海底から約330メートル掘り進んだメタンハイドレートの層で、水とメタンガスに分解して採取する作業を始め、同9時半ごろにメタンガスの生産を確認した。

 今後、約2週間に渡り、日量で数千〜数万立方メートルの試験生産を見込んでいる。

 メタンハイドレートは、天然ガスの主成分であるメタンが氷状となったもの。これまでカナダの永久凍土からガス化して採取した例があるが、海底からの採取に成功すれば世界初となる。今回の試験海域には10年分以上のメタンハイドレートが埋まっているとの推定もあり、政府は平成30年度をめどに実用化に向けた技術の確立を目指す構え。茂木経産相は同日の閣議後会見で「わが国周辺の資源を活用できる時代が来るようになる」と商業生産に意欲を示した。

     ◇

 【メタンハイドレート】 天然ガスの主成分となるメタンガスと水が低温・高圧の環境下で結晶化した氷のような形状をした物質で、永久凍土地帯や大陸縁辺部の海域に存在する。火をつけると燃えるため「燃える氷」といわれる。燃焼時の二酸化炭素(CO2)排出量は石炭に比べると半分程度と少なく、地球温暖化対策にも効果的な新たなエネルギー資源として注目されている。カナダ北部で2002年に陸地での生産は成功していたが、海底下の地層から取り出すには膨大な費用や高度な技術が必要で、困難とされていた。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/637434/
--
--
「国産エネルギー」の期待高まるメタンハイドレート 生産コストが最大の課題
2013/03/12 14:59

 メタンハイドレートから天然ガスを取り出す洋上での試験に世界で初めて成功したことで、エネルギーの大半を輸入に頼ってきた日本にとっては、実用化に大きな期待がかかる。ただ生産コストの低減など課題も多く、官民を挙げた技術開発の推進が欠かせない。

 日本が自前で生み出せるエネルギーは水力発電が中心で、エネルギー自給率は4%と極めて低い。東京電力福島第1原子力発電所の事故により、原発の稼働停止が長期化したことで、液化天然ガス(LNG)など化石燃料の輸入量が増大。電気料金が値上がりしたこともあり、経済産業省では希少な国内資源として、メタンハイドレートの実用化を早急に進めたい考えだ。

 ただ埋蔵資源のうち、技術的かつ経済的に採取可能なのは、石油でも存在する量の3〜4割、天然ガスは6〜7割程度といわれる。

 北米を中心に増産が続く新エネルギー「シェールガス」は低価格で埋蔵量も豊富だが、現時点で開発コストが高いメタンハイドレートが、どの程度の価格競争力を持てるかどうかは不透明だ。実用化にはコスト低減の努力が欠かせず、今後の技術開発が、新たな国産資源の将来性を左右する。(三塚聖平)


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/637499/
--

まあ、二つ目の記事にあるように、まだ採掘コストが高すぎるのが問題ではありますが、それでも海底からメタンハイドレートを生産できたということは、大事な一歩だったと思います。

**

でも、こういう成果があってもまだ、「日本海をやらないのはおかしい」と言って難癖をつけてくる人が出て来るんでしょうね。

今もまだ、2月のメタンハイドレート関連記事にしつこく粘着して来る「兵庫県」という人がいますけど、何しろ、日本語の意味も論理も全くわかっていない困ったちゃん
日本海を連呼し、青山様を信じますと、盲信している人々が、こういう人々ばかりなら、やはり、日本海側のメタンハイドレートっていうのは、「青山教祖」のメシの種にすぎない、と言えそうです。

スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー - ジャンル : 政治・経済

<< メタンハイドレートに関する真っ当な新聞記事 | ホーム | アルジェリア事件で実名報道批判をする人の不思議(2) >>


コメント

>成果を納めたようで、

この場合は、成果を「収める」ではありませんか?

こんばんは

朱鷺の森日記のブログ主のsu-miです。

数日前までこちらのブログで議論になっていることに気づきませんでした。

白砂青松さんの明快な論理展開と根気強さに感服いたしました。

Re: こんばんは

su-miさん

> 朱鷺の森日記のブログ主のsu-miです。
>
> 数日前までこちらのブログで議論になっていることに気づきませんでした。

イエイエ、もう議論なんて言えるレベルじゃありません(苦笑)。
自分の言いたいことだけ言って、都合の悪いことにはとにかく目と耳を塞いでやり過ごせばそれでよし、こういう人に「日本海側のメタンハイドレート」っていうのは支えられているようです。

これからも、よろしくお願いします。

いえいえ

su-miさんの間違いについては、ソースを挙げて具体的に説明もしております。
たとえば、su-miさんの以下の日記からひとつ例を挙げてみましょう。

□朱鷺の森日記「青山繁晴氏;メタンハイドレ-ト摩訶不思議物語炸裂 片山さつき議員もか」
http://su-mi.iza.ne.jp/blog/entry/3024633/
「低温高圧で表層にへばりついている塊状のメタンハイドレ-トをどうやって、塊のままもちあげるのか、温度上昇と気圧低下をどうやってふせぐのか、具体的にお願いしたい。」



このsu-miさんの記述については、まず技術的な誤解があります。
なぜなら、圧力を保持したまま海底土をそのまま回収する技術そのものは、すでに存在するからです。
この技術は、昨年6月にメタンハイドレートの試掘実験にも成功しています。

■JAMSTEC「ハイブリッド保圧コアシステムの開発」
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/developtech/hybridpcs/index.html
>最大345気圧(5,000psi、水深3450mの圧力に相当)までのコア試料を、現場の圧力を保持した状態で採取することが可能なシステムです。



このように、上記のsu-miさんの日記は普段よりも誤解や間違いが多くなっています。
いつものように書き起こしサイトで青山繁晴氏の発言を参照せずに、今回に限ってご自分のメモをもとに書いたのが原因ではないかと思われます。
特にsu-miさんは青山繁晴氏の発言を誤解している事が多いので、その点を考慮していただければと思います。




日本海側の実用化が容易だと言っているのは嘘ですか?

庫県さん

>su-miさんの間違いについては、ソースを挙げて具体的に説明もしております。

まったくなされていませんね。
日本語の意味をねじ曲げた上でのあなたの牽強付会。


>なぜなら、圧力を保持したまま海底土をそのまま回収する技術そのものは、すでに存在するからです。
>この技術は、昨年6月にメタンハイドレートの試掘実験にも成功しています。

そんな技術なんて、何十年も前から存在していますよ(呆)。
あなた、それでどれだけの「メタン」が回収できると思っているんです?
回収しなければならないのは「海底土」なんかじゃない。「メタン」なんですよ?

あなた達、日本海側のは簡単に採掘できるなんて能天気に騒いでいる連中は、そこのところが全くわかっていない。

あなたは、その手法で、どれだけの量のメタンをどれだけのコストで採掘できると思っているのか、su-miさんを間違い呼ばわりするなら、まずちゃんと書きなさい。


>このように、上記のsu-miさんの日記は普段よりも誤解や間違いが多くなっています。

あなたが間違っているのです。
今はサンプリングじゃない、「実用化」するための技術の話をしているのです。

というか、あなたは青山氏を信じると言っているんですから「多く」じゃだめでしょ。
あなたが「su-miさんの言っていることは全て誤解や間違い」だと論証しなければ、どっちにしろ青山氏の言説には誤りがあることが確定、即ち、他人が信じるのは止めさせなければならない代物ってことです。


>いつものように書き起こしサイトで青山繁晴氏の発言を参照せずに、今回に限ってご自分のメモをもとに書いたのが原因ではないかと思われます。

全く関係ありませんね。
「実用化」という話をしている人が、「サンプリング」の技術を得々と述べるなら、それは、人々を意図的に欺こうとしているってことでしょう。


久しぶりw

息してる?素人さんw

あなた達は何をしているんです?

NANさん

> 息してる?素人さんw

逆にお聞きしたいですね。
青山某やあなた方は、何をしているんです?

経産省が日本海側でメタンハイドレートのサンプルを採取したと発表しても、それをどう商業化に繋げるのか、何か実のある提言をしてますか?
メタンハイドレートの専門家を自称するなら、それくらいのことをやってみせなさいな。

ちなみに青山某は、今回の報道を受けて、自分のブログにこんなことを書いています。

--
 そして、この地味ブログには昨日から、メタンハイドレートをめぐる報道を憤る書き込みが、もの凄い数やって来ました。
 たとえば、以下の書き込みです。

==ここから引用、すべて原文のまま==

日本海側メタンハイドレートの報道について 2014-12-25 15:43:19 天満

メタンハイドレート日本海側で初採取。
本日このニュースを各社が報じています。
経産省の試掘では初めてなのかもしれませんが、
既に日本海側では青山さんなどが長年研究をされており、試掘にも成功されています。
それなのにどこの報道各社も日本海側で初と報道しており、ほんとに悲しくなりました。

(中略)

==引用ここまで==

 フェアな書き込みです。
 あぁ、日本国民は大丈夫だ、一部の学者、官僚、マスメディアによる情報操作に負けない人がここにも居ると、、むしろ勇気づけられました。

 その通り、日本海でメタンハイドレートの実物をなんと10年前の2004年から採取してきたという動かぬ証拠が写真付きで出ているのが、昨夏に初版を刊行した「希望の現場 メタンハイドレート」(3刷/青山千春博士との共著/ワニプラス)です。
 この書、そして「海と女とメタンハイドレート」(青山千春博士との共著/ワニプラス)も書店によっては対象書籍にすると思います。
 みなさん、できれば、あらためて手に取ってみてください。
 操作できない現場、ザ・ゲンバがこの2冊にあります。

http://blog.goo.ne.jp/shiaoyama_july
--
(引用符を変えています)

これをどう商業化するかではなく、自分の方が先に見つけたんだ、それを報じないマスコミを憤る自分の信者の書き込みが「フェア」だと、そして、自分の著書を読め。

この人のやっていることに、メタンハイドレート開発に資することは何一つありませんね。
本当に開発したいなら、誰が先に見つけたなんてどうでも良いことじゃありませんかと信者を窘めるべきでしょう(ちなみに、最初にサンプリングしたのは経産省で正解、またよって彼の「フェア」は嘘)。

今まで「アルアル詐欺」を働いていたことがバレてしまうので、今は、メタンハイドレートについては何も言いたくないというのが、彼の本音じゃありませんか?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム