プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

こんな街(大阪)に住みたい人が居るのでしょうか

密告奨励社会となりつつある大阪での、もう一つ話題になった事例がこちら。

--
君が代不斉唱と来賓通報、大阪 入学式司会の教諭

 大阪府教育委員会は16日、入学式の司会をしていた府立高の教諭が、君が代斉唱時に歌っていなかったと発表した。気付いた来賓が校長に通報、教諭は事実関係を認めたため、校長が同日口頭で厳重注意した。

 中原徹教育長は記者団に対し「職務命令を守る気がなかったと言われても社会通念上、仕方がない。府民をばかにした態度だ」と述べ、9月までに起立と斉唱を確認する客観基準の作成を目指す考えを示した。

 府教委によると、教諭は8日の入学式で司会進行を担当。君が代斉唱時に起立していたが、近くにいた来賓が教諭の口元を見て、歌っていないことに気付いた。

2013/04/16 20:05 【共同通信】


http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013041601002445.html
--

市民が密告をして相互にその行動を監視し合う。
そんな世の中が大阪では現実のものとなっています。
今回は「来賓」でしたけど、そのうち「市民からの通報」というケースが先のマイカー通勤のようにどんどん増えて来るのでしょうね。

この「来賓」にしても、口元チェックなどしているなら、そんな者は「来賓」なんかじゃない。
その式典を祝うためではなく、自分達の政治的な主張をし、市民に対して自分達に逆らう事への恐怖心を植え付けるために利用する。
それが大阪のバカ殿一派の考える「学校行事」というもの。
府民をばかにしているのはそういうことをやる方でしょう。

一方で、市民には密告を奨励させるけど、首長とその取り巻きへの批判は許さない。批判したら、別のネタをほじくり出して「提訴」だと息巻く。

そんな空気に覆われた街が、果たして住み易い街だと言えるのでしょうか?
私だったら絶対に住みたくないし、子供をそんなところで教育を受けさせたいなんて思わない。

こんな人物を首長にしておいて、その先にどんな未来が訪れるというのでしょう>大阪の皆さん。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 自分でやった修正を「改竄」と呼ぶ産経の滑稽な言語感覚 | ホーム | 大阪の密告社会の犠牲者をシジミさんが批判している件 >>


コメント

>市民が密告をして相互にその行動を監視し合う。
>そんな世の中が大阪では現実のものとなっています。

仕事してない奴を見つけたんでその上司に連絡すると、
密告になるの?
世知辛い世の中だね…。

「仕事してない」ってどうしてわかるんです?

通りすがりさん

> 仕事してない奴を見つけたんでその上司に連絡すると、
> 密告になるの?

その人がどうしてそういう行動をとっているのかなんて、普通は外部の人間にはわかりません。
それを「仕事してない」と勝手に決めつけ、上司(?)に連絡なんて、「密告」以外の何だと言うのでしょう。

こんなことやられたりしたら、普通の組織なら「余計なお世話」と言うものでしょうけど。


> 世知辛い世の中だね…。

「世知辛い」の意味がわかってませんね。
今の大阪がそういうところなんですよ。

大阪で横行しているような「密告」ができないからって、何のデメリットがあるんです?
「マイカー通勤」にしても「君が代」にしても、ただ、自分の欲求が満たせないだけでしょ。
そんなことをしなくても、普通は真っ当な人生を送れるものですよ。


>その人がどうしてそういう行動をとっているのかなんて、
>普通は外部の人間にはわかりません。
>それを「仕事してない」と勝手に決めつけ、上司(?)に連絡なんて、
>「密告」以外の何だと言うのでしょう。

何? 内部の事情を知らない外部の人間からの指摘は「密告」になるの?
じゃあ、内部の事情御知らない客が欠陥商品商品買わされても、
それに対してクレームをつけようとしても
>その人がどうしてそういう行動をとっているのかなんて、
>普通は外部の人間にはわかりません。
という理由で「密告」になるだ。

警官が威圧的な言動をとったり、相談事にまともに応じてくれなかったので
苦情を申し立てると
>その人がどうしてそういう行動をとっているのかなんて、
>普通は外部の人間にはわかりません。
という理由で「密告」になるんだね。

密告の幅って広いなー。

>こんなことやられたりしたら、普通の組織なら「余計なお世話」と言うものでしょうけど。

うわぁ…。
君の会社は君の会社の人間の行動について外部からのクレームがきても
「余計なお世話」とか言っちゃうんだ…。

通りすがりさんとやら

 論点をずらしての反駁は良くないと思います。元記事があるのですから、その状況に沿って論を展開するべきです(それが嫌なら自分のブログで存分に書けばよいのです)。この場合「たかが歌を唱っていない程度のことを外部の人間が上司に告げ口し、その上司は部下を処分した」というケースについてどうなのか、ということだと私は受け取りました。この来賓は、仕事をしていないから指摘されて当然とでも考えているのでしょうか。
 一般的な感覚として、「君が代斉唱」=歌を唱うこと は「仕事」にカウントされるのでしょうか。私はされないと思います。したがってそれを「仕事していないことを上司に連絡した」と定義するのには大変に無理があると感じます。

 実際通りすがりさん自身はどう考えるのですか。ご自分の職場をじろじろと監視され、部外者から上司にいちいち連絡がされる、そんな中で仕事をしたいのですか。ぜひお聞きしたく思います。

 あと欠陥商品を買わされた云々のケースは、「仕事をしているところ」ではなく「仕事の結果としてのプロダクト」の話ですからこの場合例としては不適切です。再考ください。

自分の言ったことを憶えていないのですか?

通りすがりさん

既にbennyさんもコメントして下さっていますけど、話をすり替えまくりですね。

> 何? 内部の事情を知らない外部の人間からの指摘は「密告」になるの?

あなたが連絡すると言っていたのは「仕事してない奴を見つけた」ですよ。

そもそも「密告」とは、ある人がその属する集団に対して否定的と捉えられる発言/行動をとった時に、通常はその発言/行動による直接被害を受けるわけでもない人物が、密かにその集団に通報することを指すのであり、今回、あなたが言っていることはどれも「密告」じゃありません。

> じゃあ、内部の事情御知らない客が欠陥商品商品買わされても、
> それに対してクレームをつけようとしても
> >その人がどうしてそういう行動をとっているのかなんて、
> >普通は外部の人間にはわかりません。
> という理由で「密告」になるだ。

欠陥商品を買わされたら、あなたは「誰某が仕事をしていない」とクレームをつけるのですか。
できるものならどうぞなさって下さい。
そんなクレームを聞かされたら、その会社は威力業務妨害を仕掛けられていると思うでしょうね。

> 警官が威圧的な言動をとったり、相談事にまともに応じてくれなかったので
> 苦情を申し立てると
> >その人がどうしてそういう行動をとっているのかなんて、
> >普通は外部の人間にはわかりません。
> という理由で「密告」になるんだね。

警官からそういう仕打ちを受けると、あなたは警察に対して「仕事していない奴を見つけた」と通報するんですか。真っ当な市民なら、「これこれこういった仕打ちを受けた」と苦情を言うと思いますけどね。

> 密告の幅って広いなー。

自分で勝手に広げていますね。
こういうのを自作自演と言います。

> >こんなことやられたりしたら、普通の組織なら「余計なお世話」と言うものでしょうけど。
>
> うわぁ…。
> 君の会社は君の会社の人間の行動について外部からのクレームがきても
> 「余計なお世話」とか言っちゃうんだ…。

「仕事してない奴を見つけた」なんてクレームは「余計なお世話」以外の何ものでもありませんね。
具体的に何か実害があったなら、それを申したてて貰えれば良いのであって、「仕事していない」なんて言い方しかできないってことは、実害などなかったってことですから。
まともな組織なら、悪意ある中傷と捉えるでしょう。

自分に都合のいい定義しちゃいけません。

>そもそも「密告」とは、ある人がその属する集団に対して否定的と
>捉えられる発言/行動をとった時に、
>通常はその発言/行動による直接被害を受けるわけでもない人物が、
>密かにその集団に通報することを指すのであり、

自分に都合のいい定義しちゃいかんよ。
大辞林によれば「密告」の意味はシンプルに
「ひそかに知らせること。ひそかに告発すること。」
でしかない。

知ってるかい? 自分のミスを取り繕うとき、人は言い訳が長くなるんだよ(笑)。

>欠陥商品を買わされたら、あなたは「誰某が仕事をしていない」とクレームをつけるのですか。
>できるものならどうぞなさって下さい。
>そんなクレームを聞かされたら、
>その会社は威力業務妨害を仕掛けられていると思うでしょうね。

何を言ってるんだね?
例えば製造業なら
「繰り返し欠陥品が納入されている。
 君の会社の品質管理部門がちゃんとチェックをしてないんじゃないのか?」
販売業な
「お宅の店員、店員同士でおしゃべりしてレジ打ちしてくれないんだけど?」
というクレームがあるぞ?

それとも
『おまえは「仕事をしていない」と言った。台詞が違う』
なんて小学生みたいな突っ込みを入れる?
だったら、ごめんよ、二度と書き込みはしない。
小学生に突っ込みを入れるほど幼稚じゃないんで。

>警官からそういう仕打ちを受けると、あなたは警察に対して
>「仕事していない奴を見つけた」と通報するんですか。
>真っ当な市民なら、「これこれこういった仕打ちを受けた」と苦情を言うと思いますけどね。

わかったよ。君はこの例が気に入らないんだね。
じゃあ、被害届出したけど警察が面倒臭がって処理をしなかったという実際にあった事件もあったね。
まさに「仕事をしていない」例だが、こういうのも警察の監査室に訴えると密告になるんだね。

>「仕事してない奴を見つけた」なんてクレームは「余計なお世話」以外の何ものでもありませんね。

うわぁ…。モラルって言葉知ってる?

>具体的に何か実害があったなら、それを申したてて貰えれば良いのであって、
>「仕事していない」なんて言い方しかできないってことは、
>実害などなかったってことですから。

論点のすり替えはみっともない。
「仕事をしていない」という言葉は「業務上やるべきことをやっていない」という内容の要約であって、
「仕事をしていない」と苦情を申し立てるわけではない。
コンビニでレジ打ちをさぼっていれば「仕事をしていない」し、
警備員が業務中に受け持ち場所を離れれば「仕事をしていない」。

>まともな組織なら、悪意ある中傷と捉えるでしょう。
まともな組織なら、その社員が具体的にどんな行動をとったか確認し、
事実であればどんな理由で「仕事をしていなかった」のか確認する。
(実際、この件ではちゃんと当人に確認をとり、当人も「仕事をしていない」ことを認めている)

君の会社では
『お宅の社員さぼっているみたいですけど』
とお得先や外部(それも社会的に地位の高い)の人間に指摘されても、「悪意ある中傷と捉える」のか。
フリーダムな会社だね。

bennyさんとやら

あんたの意見は要約すれば
「自分の価値観からすると、君の意見はおかしい」
の一言に尽きる。
価値観の違いは認める立場なので、君がそういう考え方をすること自体は別に異議はない。

>実際通りすがりさん自身はどう考えるのですか。
>ご自分の職場をじろじろと監視され、部外者から上司にいちいち連絡がされる、
>そんな中で仕事をしたいのですか。ぜひお聞きしたく思います。

第一に、うちの部署は外部の客はたまにしか来ないが、
たまにくるお客がいるときに、部外者から上司に連絡されかねない不用意な行動はとらない。

第二に、今回の件では部外者の勘違いでないかどうか当人に確認がとられ、当人が認めたうえで
処分が下されている。
つまり、部外者からの連絡は、この組織では適切に対処されている。

第三に、あんたは「監査」という概念を忘れている。
誰だってジロジロ見られながら仕事をするのは嫌だが、
健全な組織であろうとすれば「部外者から上司にいちいち連絡がされる」監査を受けるのは常識である。
まさか、「会計監査」や「資格認定の監査」「税務署の監査」が監査結果が「密告」だなんて言うまいね?


あなた、「告発」の意味を調べましたか(苦笑)?

通りすがりさん

>自分に都合のいい定義しちゃいかんよ。
>大辞林によれば「密告」の意味はシンプルに
>「ひそかに知らせること。ひそかに告発すること。」
>でしかない。

だから私の申しているままではありませんか。
「告発」って行為がどういう行為かってあなた知らないんじゃありませんか?
インターネット上での大辞泉によれば
--
1 悪事や不正を明らかにして、世間に知らせること。
2 犯罪とは直接関係のない者が、捜査機関に犯罪事実を申告し、犯人の訴追を求めること。
--

「犯罪とは直接関係のない者」っていうところがミソでしてね、あなたの挙げた例はどちらも「密告」にはならないんですよ。


>知ってるかい? 自分のミスを取り繕うとき、人は言い訳が長くなるんだよ(笑)。

そうですね。
最初のコメントに対して、今回のあなたのコメントのイヤ長い事、長い事。
ご自分が「仕事してない奴を見つけた」と書いたことを取り繕おうと必死なんですね(苦笑)。


>例えば
>(略)
>というクレームがあるぞ?

だからそういう自分が直接の当事者となったクレームのケースをいくら挙げたって、それは「密告」「告発」にはなりません。


>それとも
>『おまえは「仕事をしていない」と言った。台詞が違う』
>なんて小学生みたいな突っ込みを入れる?

でもあなたが最初に言った、単なる「仕事してない奴を見つけた」なら確かに「密告」となる可能性大。
「台詞が違う」のではなく、あなたの言っている意味が全く違っているのですよ。
悪いけど、「密告」「告発」の意味を理解するまで、もう一度小学生から国語を勉強し直して下さい。


>まさに「仕事をしていない」例だが、こういうのも警察の監査室に訴えると密告になるんだね。

だからなりません。「密告」「告発」の意味を勉強し直して下さい。

でも、あなたがその「被害届出した」人と全く無関係の人物なら、「密告」「告発」になりますよ。ただし、無関係な人物は、通常はそういうことをやれるほど事情を知らない、だから匿名でなければやれない。
「密告」とはそういうレベルの話だってことですよ。


>うわぁ…。モラルって言葉知ってる?

あなたにお尋ねしたい言葉ですね。
直接の被害者でもない者が「仕事してない奴を見つけた」なんてクレームを言う、そこにモラルってものはあるんでしょうかね。
それであなたに何の得があるって言うんでしょ。


>論点のすり替えはみっともない。
>「仕事をしていない」という言葉は「業務上やるべきことをやっていない」という内容の要約であって、

論点をすり替えているのはあなた。
確かにあなたが最初に書いたように、ただ「仕事してない奴を見つけた」なら「密告」になる。だから私はその前提で答えたまで。
それが「業務上やるべきことをやっていない」かどうかはっきりわかる立場の人間が言うことなら、それは「密告」にはならない。

みっともないことこの上なしですね。


>まともな組織なら、その社員が具体的にどんな行動をとったか確認し、
>事実であればどんな理由で「仕事をしていなかった」のか確認する。

「密告者」レベルでは「どんな行動」かなんて説明できるはずもなし。
確認をするには、それこそ「張り込み」でもしなければ無理だし、確認しても組織にとって実害無しという結論しか出て来ないので、コストと時間の無駄。実害があるようなケースなら、当事者から正規のルートでクレームが入ります。
そして、そういう話に食いつくのは、個人レベルで誰かを追い落としたいとか、そういう思惑があるケースであり、即ちそういうところは「まともな組織」じゃないってことです。


>君の会社では
>『お宅の社員さぼっているみたいですけど』
>とお得先や外部(それも社会的に地位の高い)の人間に指摘されても、「悪意ある中傷と捉える」のか。
>フリーダムな会社だね。

それが「密告」ならそうですね。
そもそも「さぼっているみたい」なんて曖昧な話を持ち込む必要性が、お得意様や社会的地位の高い外部の人には無い筈ですから。

なんでそんなことを言うのと疑う方が、自分の社員を疑うよりも優先させるのは当然でしょ。
それをやらない会社はまさに「ブラック企業」ですよ。だって、簡単に社員の誰かを陥れることができるんですから。


通りすがりさん

おかしいです。

> じゃあ、内部の事情御知らない客が欠陥商品商品買わされても、
> それに対してクレームをつけようとしても
> 警官が威圧的な言動をとったり、相談事にまともに応じてくれなかったので
> 苦情を申し立てると

>「繰り返し欠陥品が納入されている。
 君の会社の品質管理部門がちゃんとチェックをしてないんじゃないのか?」
>販売業な
「お宅の店員、店員同士でおしゃべりしてレジ打ちしてくれないんだけど?」

これらの例は全て、「明らかに実害を受けたものがいる」例ばかりです。

元記事に戻れば、この教諭は「歌を唱っていない」ことで処分を受けています。
歌を唱わないことで、実害を受ける人がいるのですか。記事内の来賓はどんな実害を受けたのですか。

こんな下らない事を職務命令とし、さらに唱っていないと告げ口する者まで出てくる、そんな風潮は嫌だと思わないのですか。

>第一に、うちの部署は外部の客はたまにしか来ないが、
たまにくるお客がいるときに、部外者から上司に連絡されかねない不用意な行動はとらない。

 あなたが不用意な行動を取る取らないの問題ではなく、元記事では、仕事場に外部の方が入ってきて、仕事中をじろじろ見られた上に、「その仕事ぶりがなってない」と告げ口をされるような状況だということです。そういう事が是とされる風潮はおかしいと思います。
 さらに元記事の例は「入学式」です。入学式はどんなに短くても1時間以上あります。それだけの時間、外部の方がずっと滞在し、観察された上に、何か気に食わないことがあれば密告されるという状況です。あなたの職場の状況とは比較対象にならないと思います。

>第二に、今回の件では部外者の勘違いでないかどうか当人に確認がとられ、当人が認めたうえで
処分が下されている。
つまり、部外者からの連絡は、この組織では適切に対処されている。

 たかが歌を唱わない程度のことをあげつらう、その体制自体が問題だと言っているのです。ルールそのものがおかしいと言っているのです。そこに「ルールに沿ってるのだから適切だ」と言われても納得できません。


>第三に、あんたは「監査」という概念を忘れている。
誰だってジロジロ見られながら仕事をするのは嫌だが、
健全な組織であろうとすれば「部外者から上司にいちいち連絡がされる」監査を受けるのは常識である。
まさか、「会計監査」や「資格認定の監査」「税務署の監査」が監査結果が「密告」だなんて言うまいね?

 いきなりあんた呼ばわりされるとは驚きですが、その監査の例もすべて、「仕事の結果」についてのものでしょう。仕事場に入り込んだ外部の人がいちいち普段の仕事の仕方にケチをつけるのを監査とは言いません。

 外部の目が入ることがダメだと言っているのではありません。その見ているところがおかしい上に、告げ口奨励のような雰囲気があるのが嫌だということです。


 再度申しますが、ここは掲示板やあなたのブログではなく他の方のブログのコメント欄です。コメントならば元記事に沿った内容で論を展開すべきです。

申し遅れました

>白砂青松さん
 前回いきなり書き込んだ上に挨拶が遅れすみませんでした。bennyと申します。
 こちらのブログには、メタンハイドレート関連の記事でたどり着き、以来愛読させていただいています。
 毎度まともなハンドルすら名乗れない粘着な方がいるようですが、それにわざわざレスをされている姿、感服いたします。陰ながら応援しております。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます

bennyさん

>陰ながら応援しております。今後ともよろしくお願いいたします。

こちらこそ、よろしくお願いします。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム