プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

偽善はどっちだ(1)


本当は、憲法記念日前後に書こうと思っていたネタです。

産経が身の程知らずにも発表した改憲案は、憲法の何たるかを無視していることもさることながら、それが実際に世の中をどう動かして行くのか、世界にどういう影響を与えるのかという思索の結果とはとても思えない、ただ、自分達のやりたいことを書いただけの産物です。
おそらく、高校生くらいでもこれくらいのものは書けるのではないでしょうか。

で、その自分達の作ったものをまた「主張」で繰り返して紙面を載せる。
そういう政治的な主張をメインに据えたいなら、新聞の看板を下ろしなさいと言いたいとことろです。

その中でも悲惨な「主張」がこれでした。

--
【主張】
安全保障と憲法 「軍」が道義国家支える 自立し日米同盟に双務性を
2013.4.28 03:25 [主張]

 現行憲法の核をなす「戦争の放棄」こそは、美名の下に国家の自立にタガをはめて、抑止力を阻害する元凶であった。本紙の「国民の憲法」要綱は、これを民主国家では一般的な「国防」に改め、軍の保持による「独立自存の道義国家」へ道を開いた。

 戦後日本が建前とするのは、第2章第9条の「戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認」であり、国民はその護持を教え込まれてきた。とくに護憲勢力は、第9条のおかげで日本が戦争に巻き込まれずにすんだと世間を欺いた。

 ◆偽善の第9条よさらば

 だが、国際政治の現実は、そうした空想的平和主義が通用するような甘い世界ではない。日本が巻き込まれなかったのは、戦争放棄の偽善的条項ではなく、日米安全保障条約に基づく同盟の軍事力ゆえに他ならない。米ソ冷戦時代の核抑止力と同様に、冷戦後のいまも、それは生きている。

 戦後の宰相、吉田茂は昭和21年5月に内閣を発足させると、連合国軍総司令部(GHQ)がつくった憲法草案にそって検討を始めた。草案には、日本が二度と米国に歯向かわないようにする意思が刻まれ、第1条の天皇と第9条の戦争放棄に、それは集約されていた。GHQは天皇の地位を事実上の“人質”に、国防まで放棄するよう迫っていたのである。

 吉田は占領憲法の制約下で、日本独立と経済復興を最優先の政治課題とした。独立にあたっては、憲法の不完全さを補うため、米国に日本防衛を担ってもらう日米安保条約の締結を働きかけた。その経緯からしても、吉田はサンフランシスコ講和条約を受けて、主権が回復した段階で、憲法改正を目指すべきであった。

 それは日米同盟があっても、決して矛盾しない。むしろ、日米安保条約に自立と双務性を加味し、真の同盟条約にすべきである。だが、吉田時代は国民に反軍機運が強く、米国の保護膜から脱皮しようとの動きは薄らいでいった。しかも、護憲派は第9条改正の動きに「戦争ができる国にするのか」と人々の敗戦トラウマに訴えた。その自己欺瞞(ぎまん)によって、抑止力を強化して戦争を仕掛けられないようにするという普通の国の思考は葬られていく。

 しかし、あれから六十余年を経て、日本を取り巻く国際環境は劇的に変わった。日本は周囲を中国、ロシア、北朝鮮という核保有国や開発国に囲まれ、領土領海では日常的に軍事大国からの威嚇を受けている。中国との力の均衡が崩れ、これを制御する抑止力が著しく低下してしまった。

 日本はこれまで9条2項を「平和主義」に読み替え、非核三原則、専守防衛で安全神話の化粧を施してきた。実際には兵器システムの近代化で攻撃なき防御は難しい。さらに、集団的自衛権は保持しているが、行使できないという理不尽な政府解釈をとる。日本は主権を守るための抑止力を、自ら破壊してきたといえるだろう。

(略)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130428/plc13042803250002-n1.htm
--

『現行憲法の核をなす「戦争の放棄」こそは、美名の下に国家の自立にタガをはめて、抑止力を阻害する元凶であった。』って、現に日本は日本国憲法制定以来、一度も外国からの侵略を受けてこなかったばかりか、アメリカのように国際的なテロ組織から「報復」の名の下に自国民を殺されるという事態もほとんど発生しなかった、それこそが現実。
産経などが言っていることは、その現実を無視した、まさにお花畑脳の産物です。

そしてよりによって憲法9条を「偽善」呼ばわりまでしている。
果たして偽善はどちらなのか。

自衛隊を軍にする、集団的自衛権を行使できるようにする、そんな改憲をしたところで、一体全体日本の「抑止力」がどうして向上すると言えるのか、これまで一度たりとも説明されたことがありません。

結局、彼らのやりたいことは「集団的自衛権行使」の名の下に、日本の軍事力をアメリカのために使えるようにする、そのような改憲をして、自分達がアメリカからヨシヨシと頭をなでてもらいたい。
あるいは自衛以外の戦争も可とすることで、軍事力を笠に着てアジアの中でデカイ顔をしたい、中国韓国を黙らせたい、そのどちらか。

『偽善』は、明らかにこういう改憲をやろうとしている方です。

>しかも、護憲派は第9条改正の動きに「戦争ができる国にするのか」と人々の敗戦トラウマに訴えた。その自己欺瞞(ぎまん)によって、抑止力を強化して戦争を仕掛けられないようにするという普通の国の思考は葬られていく。

「敗戦トラウマ」に訴えることがなんで「自己欺瞞」になるのかさっぱり意味不明。これでは、用法など無視して、ただ自分の知っているネガティブな言葉を投げつければ、それで反論オーケーという、ネトウヨ思考丸出しの文章ですね。
しかも日本は自衛隊の維持整備に毎年多額の税金を注ぎ込んでいるじゃありませんか。それは「抑止力を強化して戦争を仕掛けられないようにする」ためじゃないんですかね。
日本国憲法第9条を戴いていたって、決して「普通の国の思考は葬られて」などいない。それが現在の日本です。

で、この主張のタイトルが『「軍」が道義国家支える』ですって。
普通はそういう発想は北朝鮮のような先軍政治を標榜している国のものなんじゃありませんかね。

産経などの極右連中の理想の国は、やはりあの国のようです。

スポンサーサイト

テーマ : 憲法改正論議 - ジャンル : 政治・経済

<< 偽善はどっちだ(2) | ホーム | 銃を持つ権利を与えられても自分の命を守る権利を与えられたことにはならない >>


コメント

>「軍」が道義国家支える

これはさすがにすごいですねえ。さすがに世界で「先進国」とか呼ばれている国で、そんなことを自称している国はないと思いますが。異常なまでの軍隊信仰ぶりです。

だいたいお前らの大好きな戦前日本が戦争で惨敗したから今のような社会になったんだろ、って思いますけど、こういう本質的な疑問にはこたえてくれませんね、産経は。当然ですけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム