プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

人を死に追いやるのが教育だとほざく自称教育者

産経の「末代までの教育論」にまたまたトンデモな「論」が書き込まれたようで。

--
2012.8.1 05:00
【末代までの教育論】五輪で金メダル獲っても噛むな
特集:末代までの教育論 野々村直道(前開星高校野球部監督)

 「父上様母上様 三日とろろ美味しうございました。干し柿もちも美味しうございました」

 こう始まる遺書を残して円谷幸吉選手は自らの命を絶った。

 1964(昭和39)年の東京五輪。マラソン(当時は男子のみ)で銅メダルを獲得、日本中を沸かせた男である。

 国立競技場に、先頭のアベベに続いて入ってきた円谷選手はトラック内でドイツのヒートリーに抜かれ銅メダルに終わる。最後の最後に抜かれたが、彼は一度も後ろを振り向かなかった。父親から「男は後ろを振り向くな!!」と言われ続けてきたからだという。

 東京五輪最終日に展開されたこの劇的なドラマは、中学1年生であった私に鮮明な記憶として残っている。特別に華々しいパフォーマンスをすることもなく淡々と表彰台に登り、少し照れ臭そうに優しく手を挙げて大観衆に応えていた。開催国日本の陸上界唯一のメダルであった。

 そして、期待と重圧の中で迎えた4年後のメキシコ五輪、68(昭和43)年の新年に人生を終えた。享年27。遺書は兄姉や親戚の子どもたちに語りかけたあと次のように締めくくられる。

 「父上様母上様 幸吉はもうすっかり疲れ切ってしまって走れません。何卒お許し下さい。気が休まる事なく御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません。幸吉は父母上様の側で暮しとうございました」

 彼が陸上自衛隊所属であり“国家の為”を強く意識していたとはいえ、この責任感と自尊心の美しさは何なのだろう。

 国を守るため毅然として死地に赴く特攻隊員と似たものを感じる。自殺と呼べば簡単だが、これは“走れない”ことで国家に迷惑をかけるという武士道の“恥”の概念からの「切腹」と同意である。

 ロンドン五輪が始まった。野々村から十箇条の応援メッセージを発信する。

 一、選手よ! 自分のためだけに闘うなかれ!

 二、国家の栄誉と誇りのために闘え!

 三、国に殉ずる覚悟で闘え!

 四、国を代表しているのなら国旗と国歌に真摯に向かえ!

 五、斉唱中に体をゆすったり首を回したりするなかれ!

 六、国旗国歌に敬意を示さぬ者は国民でもなく代表でもない!

 七、最高の栄誉である金メダルを獲ってもメダルを噛むなかれ!(メダルは名誉ある勲章)

 八、拳拳服膺(けんけんふくよう)して厳かに振る舞え!(こころの扱い方で物にも品格は生まれる)

 九、民族としてその精神性を世界に示せ!

 十、日本人として振る舞い世界にその格調を知らしめよ!

(毎週水曜日掲載)


http://www.sanspo.com/geino/news/20120801/sot12080105010000-n1.html
--

これを読んで、こんな男がいる学校には、絶対自分の子供は通わせたくないなと思いましたね。

一人の人間が自ら命を絶ったという事実に対して、勝手に、

>彼が陸上自衛隊所属であり“国家の為”を強く意識していたとはいえ、この責任感と自尊心の美しさは何なのだろう。

>これは“走れない”ことで国家に迷惑をかけるという武士道の“恥”の概念からの「切腹」と同意である。

こんな美化をして、自分の「教育論」に利用しようとしている。
この男の行為には、それこそ「美しさ」の欠片もないと言うべきでしょう。

確かに、円谷選手は責任感の強い人だったのでしょう。
でも、そういう人が若くして命を絶ったというのは「国家」という観点で見たって大きな損失であったはずであり、こういう悲劇を二度と起こしてはならない、そのためにどのように人を育てるべきか、あるいは周りがサポートすべきか、そう繋げるのが、本来の「教育」を担う人々の発想でしょうに。

一体全体、この男はどんな人間を育てたいと考えているのか。

こんな男の言う「応援メッセージ」など、選手を脅しているだけで、応援といえるような要素は何も無い。自分を心地よくさせなかったらタダじゃおかないぞ、それだけ。
「国のため」というよりも、ただ「自分が気分よくなりたいため」に、その道具となる者を育てるのがこの男の「教育」、それに尽きるようです。

オリンピックというのはそんな場ではない。競技者が一同に会し、世界一の称号を得るために己の名誉をかけて戦う場です。
競技者以外の者に出来ることは、彼らがその場で最高のパフォーマンスを示せるようにサポートすることであり、結果はどうあれ、彼らの努力を称えること。
結果的にそれが自分の飯の種になるような人もいますけど、少なくとも、私欲を満たすために競技者を脅し付け、その死をも利用しようとするなど、人としてやって良いものであるはずがない。
産経もよくもまあ、こんな記事を載せたものです。

そして、こういう人間こそが、日の丸/君が代を汚しているのだというわかりやすい見本であったとも言えるでしょう。

テーマ : 教育問題 - ジャンル : 政治・経済

それなら、「君が代」もAKBとガチンコ勝負させなさい


前エントリに関連しますが、大阪のバカ殿は文楽への補助金をカットし、市音を潰そうとするなど、大阪の文化を次々と破壊しています。

その過程で彼はこんなことを言っている。

--
市民の皆さんが汗だくになって働き稼いだ金を大阪フィルにつぎ込む公正性はない - 2012年04月17日のツイート

17日産経新聞夕刊(大阪)3面。安本さん、文化行政の在り方について僕の意図するところを理解していない。安本さんは、クラッシクを守りたいのか、それとも大阪フィルという交響楽団を守りたいのか。僕は文化はしっかりと根付かして行きたいが特定団体を守る気はない。

なぜクラッシク文化を根付かせることが、大阪フィルハーモニーだけへの補助金なのか?文化と特定団体を混同しているところに日本の文化行政の間違いがある。年間一億円の助成というのは、賞金に換算すればとてつもない額だ。それを当り前のように貰うことに慣れることは非常に危険だ。

大阪ではアーツカウンシルの設立を目指す。大阪においてクラッシク音楽を根付かせるという方向性が決まれば、全国の交響楽団にチャンスを与えたら良い。しっかりと楽団の評価をして、賞金・助成金を出す代わりに、大阪での公演を義務付ける。公費を受けていない交響楽団は多数存する。

公費を受ける交響楽団と、公費を受けない交響楽団の違いは何なのか?行政はどうでも良いような公正性にはバカみたいにこだわる。すぐに、公正性が・・・と。年一億のカネを特定団体に入れる公正性はどこにあるか?ここが僕の問題意識である。文化となると行政はひれ伏する。行政は文化に弱い。

インテリ・権威に、行政は途端に弱くなる。市民の皆さんが汗だくになって働き稼いだ金から徴収する市民の税金だ。税を出す以上、しっかりと評価しなくてはならない。大阪フィル交響楽団でも同じだ。税を受けていない交響楽団は山ほどある。なぜそういう交響楽団にチャンスを与えない?

僕の政治哲学は、「チャンスは与える。あとは努力でモノにして欲しい。競争の土俵に上がれない事情のある人はサポートする」だ。クラッシク音楽に税の助成をするにしても、大フィルに固定化する必要はない。16日読売新聞朝刊13面。塩崎さん、文楽興業の仕組みをもう少し勉強した方が良い。

なぜ人間国宝の公演でも客席が3割程度しか埋まらないのか。文楽の世界は身分保障の公務員の世界となっている。公務員の世界と、観客を集めてなんぼの芸事の世界は対極にあるはずだ。にもかかわらず、文楽という芸事の世界が公務員の世界になっている。

僕はテレビの世界でも仕事をさせてもらった。プロの芸事を間近で見せてもらった。如何にお客を楽しませるか、感動させるか、全てはお客さんあってのことである。貴乃花親方の大阪場所にかける意気込み、営業姿勢はもの凄いものがあった。客はその姿勢を感じ取り吸い寄せられる。

あの歴史的大横綱貴乃花親方の必死の営業。公演者は自分は守られるもの、保護されるもの、お金を受けて当然の立場と思った瞬間、もうその公演はダメだ。勘三郎さんの歌舞伎、たかじんさんのコンサート、さんまさんの先日のNGKの公演はお客を如何に楽しませるかということの一点に尽きている。

文楽にもそうなって欲しい。塩崎さんは、僕が「もう二度と文楽を見に来ない」と言った発言を非難する。しかしそのこと自体が、もう文楽は公演でなくなり、芸事でなくなる。勘三郎さんや、たかじんさんや、さんまさんが、もしお客が二度と見に来ないと言った場合に、そんな即断をするな!と怒るだろうか

なぜ二度と見に来ないと思われたのだろうと必死になって原因を探るはずである。もちろん、実際はそんなことはないだろうが。僕は観客である。観客がもう一度見に来ようと思うか、そう思わないかは自由のはずである。お客に二度と見に来ないと言わせない純粋の民間人の公演など聞いたことがない。

塩崎さんも、「文楽」と聞いただけで、国民が否定できないもの、文楽公演は誰もが何度も見に来なければならないものと思い込んでいる。その時点でその公演は観客を吸い寄せるものにはならないだろう。なぜ文楽が根付かないのか。それは塩崎さんのような文楽絶対主義が文楽の周りにたくさんいるからだ。

芸事の人が成功するかどうかは、その人の能力がまず一番だが、きちんと評価してくれるお客さんがいかにたくさんいるかだと思う。政治家も同じだ。メディアもすぐに言うじゃないか!裸の王様になるな!と。政治家もきちんと批判してくれる人がいなくなるともうダメだ。

恐らく文楽の周囲には、厳しくきちんと評価する人がいないのだろう。文楽と聞けば文楽は全て正しい。客が集まらなくても、それは客が悪い。公演者の責任じゃない。こんなうわべだけの御用評者ばかりが周囲にいれば、そりゃ文楽も自分のポジションが分からなくなるだろう。

文楽の技芸員の皆さんは、世間からすればほんとにごくごく少数の自称インテリ層たちに、文楽は伝統文化だ!文楽は素晴らしい!文楽は世界遺産だ!文楽は何が何でも守らなければならない!と言われ続ければ、自分たちの公演がどういうものか分からなくなってしまって当然だ。

僕は僕の感覚で、「今のままの公演だったら二度と見に来ない」と言った。塩崎さん、それの何が悪い?客が公演をどう評するか、客に自由があるのが芸事の公演だ。僕は今の仕組みのままでは文楽は絶対に根付かないし、振興しないと思った。とにかく仕組みが悪い。

一部の取り巻きがおべんちゃらを言い続ける世界。こんな世界に普通の人達が吸い込まれることは絶対にない。文楽は大阪の大切な伝統文化だ。しかしそれを観に来ない、興味を示さない大阪の民が悪いのか?違うでしょう!なぜ客が来ないのか、その責任の全ては文楽にある。その認識を持つことがスタートだ


http://blogos.com/article/36897/
--

だったら、あなたがご執心の「君が代」も、他の楽曲とガチンコで勝負しなさいな > バカ殿

卒業式で必ず「君が代」を歌わせるなんて「特権」を君が代に与えるなんてもっての他。どんな歌を歌いたいかは生徒に決めさせて、それで選ばれなくて誰からも「君が代」が歌われなくなって衰退したって、それは「君が代」の努力不足(笑)。

この妄言の後半部分のを「君が代」になぞらえたらどうなるでしょう。

--
バカ殿も、「君が代」と聞いただけで、国民が否定できないもの、君が代は誰もが何度も歌わなければならないものと思い込んでいる。その時点でその式典は観客を吸い寄せるものにはならないだろう。なぜ君が代が根付かないのか。それはバカ殿のような君が代絶対主義が君が代の周りにたくさんいるからだ。

音楽が根付くかどうかは、その曲の魅力がまず一番だが、きちんと評価してくれる聴衆がいかにたくさんいるかだと思う。政治家も同じだ。メディアもすぐに言うじゃないか!裸の王様になるな!と。政治家もきちんと批判してくれる人がいなくなるともうダメだ。

恐らく君が代の周囲には、厳しくきちんと評価する人がいないのだろう。君が代と聞けば君が代は全て正しい。式典で歌われなくても、それは関係者が悪い。君が代の責任じゃない。こんなうわべだけの御用評者ばかりが周囲にいれば、そりゃ君が代も自分のポジションが分からなくなるだろう。

君が代を強要する皆さんは、世間からすればほんとにごくごく少数の自称インテリ層たちに、君が代は伝統文化だ!君が代は素晴らしい!君が代は世界遺産だ!君が代は何が何でも守らなければならない!と言われ続ければ、自分たちの行為がどういうものか分からなくなってしまって当然だ。

僕は僕の感覚で、「今のままの君が代だったら二度と歌わない」と言った。バカ殿、それの何が悪い? 曲をどう評するか、聴衆に自由があるのが音楽だ。僕は今の仕組みのままでは君が代は絶対に根付かないし、振興しないと思った。とにかく仕組みが悪い。

一部の取り巻きがおべんちゃらを言い続ける世界。こんな世界に普通の人達が吸い込まれることは絶対にない。君が代は日本の大切な伝統文化だ。しかしそれを歌わない、興味を示さない日本の国民が悪いのか?違うでしょう!なぜ広く歌われないのか、その責任の全ては君が代にある。その認識を持つことがスタートだ

--

やはり、ポイントは最後の段落でしょうか。
バカ殿が文楽に対してとっている態度と一貫性を持たせるなら、そういう話になるはずですけどね。

ま、ダブスタ男であることについても超一流のバカ殿に、一貫性なんてものを求めることが最初から間違っていることは、よくわかってますけど。


テーマ : 維新の会 - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


前のページ «  ホーム