プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

「無いもの」じゃないでしょ ー 森友問題の辻元氏ネタ


籠池理事長の暴露によって追い詰められた安倍は、なんとか話をそらそうと、籠池夫人がメールに書いた辻元議員が不法侵入したとか、かつて働いていた作業員がスパイだったとか、そんな話を持ち出して、「無いものは無いと証明できないんだ!」と自分たちを正当化しようとしています。

確かに、安倍首相夫人が寄付を渡したかどうかは、籠池理事長も第三者がいない場所だったと証言していることから、それを「無い」と証明するのは難しい。

でも、辻元議員の話は全く違う。
だって、あの議員の視察の際には、議員一人で行ったわけじゃない、密室でもなんでもない、衆人環視の下、それこそ産経新聞のような御用マスコミだって、あの視察の取材には行っていたはずの中で起きたこと。
もし本当に不法侵入したなら、産経の記者が嬉々として安倍にご注進しているはずじゃありませんか。
実際、籠池夫人も今は自分は見ていないとはっきり言っているし、スパイの話も当事者が全く議員とつながりがない上に、問題が起きる何ヶ月も前のこととわかっている。

つまりこの辻元ネタは、現実に起きたことと籠池夫人とのメールの間に明確な齟齬があるという事実が「在るもの」のであって、決して「無いもの」なんかじゃ無いのです。

一方、安倍首相夫人の場合は違う。
偽証のリスクを認識してなお、籠池理事長があのように証言しているのですから、「無い」というなら、同じ土俵でそれを証言すべきだし、随行者も全く目を離さなかったというなら、そのように証言させるべきです。

その上で、「無いものは無いと証明できない」と主張すべき。

それをやろうとしないのは、後ろ暗いことがあるから。
そう考えるのが自然です。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

籠池理事長の偽証告発は自民党へのブーメラン ー 森友スキャンダルの稲田朋美


自民党は、森友学園の籠池理事長で告発するそうです。
しかしそのネタがなんともみみっちい。

郵便局への払込票を書いたのが、証言では女性職員だったが園長夫人だとか、安倍晋三記念の払込票が使われていた期間がもっと長かったとか。

それ、偽証だからって何か問題になるような話なんですかね。
偽証だと告発すべきなのは、首相夫人が寄付を渡したという根幹部分でしょ。

どうして人払いをしたとか、金銭の授受があったという点について偽証だと告発をしないんでしょう。
理由は、それをやったら、首相夫人とか、随行者とかも証言させなければならない、そして、まず間違いなく籠池理事長のような証言ができずに、寄付があったという「事実」が認定されてしまうからでしょうね。

だいたい、このネタはもともと「偽証」呼ばわりできるはずのないもの。
だって、払込票の全てを理事長がコントロールしていたわけではない。
特に払込票に誰が書いたかなんて理事長はその場にいなかったり、本人もこれは伝聞と断っている。それでどうやって偽証だなんて言えるのでしょう。
結果的に書いたのがどちらであれ、2015年9月に「安倍晋三」と書かれた払込票が存在した、すなわち、森友学園が安倍晋三から寄付を受けたと認識するような出来事が存在したのは、覆しようがありません。

*****

そして、自民党にとっての最大の問題。

それは稲田朋美のあの答弁。

彼女は、自身が森友学園の代理人として法廷に出廷したという証拠を突きつけられても、それまで全否定していた答弁を、「虚偽答弁」だとは認めなかった。
記憶に基づいて答えていたのが事実と違っていただけで、意図的に偽りを述べたわけではないから虚偽答弁ではない、という主張をしている。

だったら、それと同じことを籠池理事長だって言える。
自分は記憶に基づいて証言しただけで、意図的に偽りを述べたわけではない、と。
特にこちらは、稲田朋美と違って、本当に伝聞でしか知りえないことなのですから。

これでも籠池理事長が偽証をしたのだと言い張るなら、稲田朋美も間違いなく虚偽答弁をしたことになる。

自民党はそれをわかっているのでしょうか?

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

本人が知らないのに携帯の留守録に対応できる? ー 森友スキャンダルの谷査恵子氏


前エントリで紹介した、自民党が必死になってスケープゴートに仕立てようとしている谷査恵子氏。

自民党は、彼女が勝手に対応したことだという話を振りまいて誤魔化そうとしています。

しかしながら、その話には根本的な疑問があります。

それは籠池理事長側が、首相夫人の携帯電話に電話をかけ、繋がらなかったので留守電にメッセージを残したと言っていること。
携帯電話の留守電って、普通は本人かよっぽど近い身内しか聞けませんよね。

首相夫人が全くあずかり知らぬことのはずなのに、どうやって谷氏は、首相夫人の携帯電話に残された籠池理事長の意向を知ることができたのでしょうか?

常識で考えれば、留守電を聞いた首相夫人が対応を谷氏に指示し、谷氏が問い合わせた結果をFaxで回答。もちろん、そこに書かれているように首相夫人にも報告したというのが自然です。

ここは是非谷氏に、どうやって留守電の中身を知ったのか、国会で証言していただきたいものです。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

スケープゴートを仕立てる自民党 ー 森友スキャンダルの谷査恵子氏


籠池理事長の証人喚問で、インパクトが大きかったのは、やはりあのFaxでしょう。

首相夫人に付いていた谷査恵子という職員が、森友学園側の意向を受けて財務省に問い合わせを行い、その結果を回答するとともに、首相夫人にも伝えてある、翌年の予算で検討する、というコメントを付けていた。

政府は、一公務員が勝手にやったことだ、ゼロ回答だ、だから問題ない、と強弁していますが、それは詭弁もいいところ。

首相夫人付きという立場にある公務員が、首相夫人に何も諮らずに独断でこれを為したなど、公務員のルールを逸脱するものであり、しかも、首相夫人に知らせてあるというのも嘘だということなら、それこそ公務員として懲戒ものです。

政府は、その谷氏に全ての責任を押し付ける気マンマンです。

こうなったら谷氏の証人喚問を行い、首相夫人と諮って行ったことなのか、それとも自分の独断で、籠池理事長を騙したのか、はっきり答えてもらうべきでしょう。

なお、「ゼロ回答」などという言い草は噴飯モノ。

そこで「ゼロ回答」をしているのは財務省であって首相夫人じゃない。
首相夫人が「ゼロ回答」をしたと言いたいなら、森友学園側からの問い合わせがあった時に、「そういうことを財務省に私から問い合わせることはできません」と撥ね付けなければダメ。
回答内容が「ゼロ回答」だから問題ないと言うのは、首相夫人がこの問題を解決する上での権限を持っていると主張するのと同じ。

「首相夫人は私人」などという首相の世迷言を自己否定することになるってことに、気がついていないのでしょうか。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

安倍から寄付金を貰ったという学園側の認識は覆せない ー 森友スキャンダル


森友学園の籠池理事長の証人喚問が行われました。

自民党や御用マスコミの産経などは、証人喚問で嘘を吐いたら偽証罪に問われるんだ!と、喚問前に籠池理事長を脅迫していましたけど、この人は、証言を翻すことはなかった。
そういう意味では、この人のことを少し見直しました。

この人がやろうとしたことはデタラメだらけであり、幼稚園児に「安倍首相頑張れ」と言わせたり、教育勅語を唱えさせたりと、教育者としては明らかに失格です。
でも、この程度の人物を散々持て囃して来たのが自称保守の面々であり、この人を勘違いさせた責任が、自称保守連中にはあります。

おそらく、籠池理事長は、自分が贔屓されていることは自覚していたのでしょう。
でも、それは当然だと思っていた。それが悪いことだとは、これっぽっちも思っていなかった。時の政権を担う者をこれだけ応援しているのだから、これくらいの優遇措置は当たり前だ、そう思っていたのでしょう。

だから、これまでだったら認められないような状況なのに小学校設置が認められたり、国有地を大幅にディスカウントされた価格で購入できたりしても、自分のバックには安倍晋三がついているんだから当然、と考えていた。

安倍首相夫人が寄付金を渡したのはおそらく事実でしょう。
あの払込用紙にはリアリティがあります。籠池理事長は、本当に嬉しかったのでしょう。だから、「安倍晋三」と書きたかった、自分のバックに安倍晋三が付いていることを噛みしめたかった、そしてそのように書くことに問題があるともこれっぽっちも思っていなかった。
奇しくも、あのように修正液で塗りつぶされたおかげで、これが問題が発覚してからねつ造した用紙だとは言えなくなってしまったのは、自称保守連中にとっては大誤算だった。だから必死になって、これは証拠にならないとか、寄付金を払ったって法的な問題はないとか予防線を張っています。
でも、たとえそれが安倍晋三が寄付金を出した証拠にはならなくても、森友学園側が、安倍晋三から寄付をもらったんだという認識を持っていたということは、あの用紙がはっきりと示している。
そしてその認識の下に、学園側は役人に対して「自分のバックには安倍晋三がついているんだぞ」と圧力をかけたのであり、役人はそれを汲み取った。

現に籠池理事長は、証人喚問の席上で、なぜ安倍晋三からの寄付金を受け取っていると暴露したのかと問われ、首相の寄付が入っているそういう大事な建物を残したいので、なんとかお願いできないかという意志をあらわした、と答えている。
それと全く同じ発想で、役人に圧力をかけていたということで、この人の言動には一貫性がある。

これを嘘だと証明するのはまあ不可能ですね。

だから自民党などは必死に恫喝しているということです。
おそらく、数の力に任せて強引に偽証だということにしてしまうかもしれません。
そうなれば、安倍が独裁者気取りだということが証明されるようなものですけど。

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ