プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

公募校長にとって一番大事なのは自分


前エントリで、更迭された大阪の公募校長が復職できるという話を書きましたけど、別の公募校長はこんなことをしでかしていたとか。

--
民間校長偽アンケート、教委実施装い自身の評価

 全国公募で大阪市西淀川区の市立小学校長に今春就任した民間出身の男性校長(50)が今年6月、「民間出身校長の採用の参考にする」と偽り、校長としての自身の評価などを保護者らに尋ねるアンケートを勝手に行っていたことが分かった。

 市教委は7月下旬、男性校長を厳重注意し、校長はアンケートの回答者らに謝罪文を配布した。

 市教委によると、アンケートは教職員や保護者ら約80人を対象に実施。「民間人校長が在籍する学校にのみ行っている」「校内で開封されず、教育長に送られる」などと記載した上で、校長としてのリーダーシップや保護者との協力関係の有無などを質問する内容だった。

 市教委は7月、学校関係者の指摘を受けてアンケートの事実を把握。校長から回答用紙を回収した。市教委が公募校長らにアンケートを指示した事実はなく、市教委は「権限を逸脱し、不適切だった」として校長に厳重注意した。校長は市教委の調査に「公募校長制度を検証すべきだと思った。大変迷惑をかけ、申し訳ない」と話しているという。

(2013年9月13日14時16分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130913-OYT1T00719.htm
--

この公募校長にとっては、子供のことなんて二の次で、自分の評価が一番の関心事だってことですね。
子供を教えたこともない人物なんだから、こういう結果になることはある程度見えていましたけど。

結局、11人校長を採用して、3ヶ月で投げ出したり、セクハラを起こしたり、公文書を偽造したりと、まともじゃない者がたった半年で3人

普通の校長先生がこんなに不祥事を起こしているなんて聞いたこともありませんから、公募制度が間違っていたことはもはや明らかと判断すべきでしょう。

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

セクハラしても校長に復職できる >民間では考えられない甘さ


大阪の公募校長がセクハラで更迭されましたが、何と研修を受けたら復職させる方針だとか。

--
公募校長 復職に波紋…セクハラ更迭問題

 大阪市立小の民間出身の男性校長が保護者へのセクハラ行為で更迭された問題で、この校長が研修後、再び学校現場への復帰を目指すことに波紋が広がっている。

 保護者らは「学校には戻ってきてほしくない」と強く反発しているが、任期中は地方公務員の扱いで、簡単には免職されない。「校長職」に限定した採用であるため、他の職務にも回せず、市教委内部からも困惑の声が上がっている。

 「なぜ現場に戻すのか」「減給では軽すぎる」。セクハラ行為が認定された市立三先小の吉田敬校長(59)について、減給6か月の懲戒処分と将来的な職場復帰方針が示されたことを受け、11日、市教委には市民から抗議の電話が相次いだ。

 吉田校長を含め、同市では今春、11人の民間人校長が誕生した。赴任前の3か月にわたり、民間人校長らは校長実務を学ぶため、それぞれ三つの学校を訪問。各校で1週間ずつ、現職の校長に付き添い、日常業務や児童、保護者らとの接し方などを学ぶ「シャドウイング」と呼ばれる研修を受けた。このほか、座学で関係法令や政治的中立性など、校長・公務員としての知識や心得を学んだという。

 それでも、不祥事は起きた。ある市教委幹部は「教職員から昇任した校長なら間違いなく辞職するケース。強制的に辞めさせる手段がない以上、不本意だが、復職に向けて動くしかない」と打ち明ける。公募校長の募集要項には「任期(3年)付きの市立小中学校長」とあり、特別な雇用契約書は取り交わしていない。採用時は校長として辞令交付しており、事務職などには異動させられないという。別の幹部は「特定の職に限定して採用する公募制度の弊害だ」と話す。

 復職方針について、市立小に1年生の長男を通わせている大阪市中央区の主婦(31)は「セクハラをするような校長が息子の学校に赴任したらと思うとゾッとする」と話す。

 現場の教員も手厳しい。市立小のある男性教諭は「教育の素人がほんのちょっとの研修で校長になれること自体がおかしい。復帰は子どもや保護者の気持ちを全く無視した話で、あり得ない。処分の甘さにあぜんとしている」と語気を強めた。

(2013年9月12日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/job/news/20130912-OYT8T00583.htm
--

大阪のバカ殿は二言目には「公務員は甘えている、民間は厳しい」とか言ってましたけど、そもそも、こんな人材しか採用できず、不祥事を起こしても甘々な処分で復職までできるような公募制度なんて、通常の公務員の世界でも考えられないような温さ。

他人に厳しく、身内に甘い。

大阪のバカ殿の「改革」が、ただ自分たちで甘い汁を吸う為のものだということがよくわかる事例でした。

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

処方箋は風俗活用ですか >大阪の性犯罪


大阪の性犯罪が増加しているとの報道がありました。

--
大阪、性犯罪が過去最悪の発生ペース 路上で拉致、監禁も 声かけられたら“要注意”
2013.6.26 22:34 (1/2ページ)[性犯罪]

 大阪で性犯罪が止まらない。今年に入ってから大阪府警が認知した強制わいせつ事件は今月9日に500件を突破した。過去最高だった昨年を約10日上回るペースで、このままいけば4年連続で全国最悪になる可能性が高い。府警は昨年から、性犯罪の抑止対策に力を入れているが、目に見えた効果が表れないのが実情だ。府警幹部は「ひったくり以上に、性犯罪の街と呼ばれるほど不名誉なことはない。何とか減少させたい」と危機感を募らせている。

 強制わいせつは、服の上から体に触れる痴漢と違い、下着の中に手を入れて直接肌を触るといった悪質な性犯罪。18~21年は東京の発生件数が最多だったが、22年以降、大阪がワーストになっている。

 過去最多の1251件だった昨年は暖かくなる4月から増え始め、6月の152件をピークに、10月まで毎月100件を超える発生が続いた。今年は5月に入ってから増加傾向が見え始め、前年同月より18.4%増の122件になった。

 強姦事件(未遂含む)も前年を大きく上回るペースで推移している。5月末までの認知件数は前年の45件から5割増の69件に達しており、このうち15件は、路上などでいきなり車に連れ込まれ、監禁されるという極めて悪質な犯行だった。

 府警は平成23年の組織改編時に、殺人事件などの凶悪犯を取り扱う捜査1課の人員を約70人増員。このうち30人を性犯罪捜査にあてるなど対策を強化し、多数の連続犯を逮捕している。

 また、24年からは、街頭犯罪対策の重点目標に強制わいせつを追加。防犯面からも抑止を図っているが、ひったくりなど他の犯罪と違って減少傾向に転じる気配はない。

(略)

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130626/crm13062622350016-n1.htm
--

何故、大阪の性犯罪が増えているのでしょう。

西のバカ殿は府知事時代から、やたらに敵を作って、その人を叩くことで自分への支持を高めるという、為政者にあるまじき行為を繰り返して来ました。
そんなことをすれば、叩かれた人々は社会の表舞台から理不尽にも退場させられることに繋がりかねず、また、それが当たり前という風潮が蔓延することで、他人を思いやる、他者の人権を大事にする、といった、本来、人が持つべき美徳を、不用なものと考える人間が増えて来たのではないでしょうか。
そして、それらの結果として人心が荒廃して、言ってみれば、大阪で暮らす人々の中には、戦場に身を置く兵士のような感覚に追いやられている人が増えているのではないかと、私は考えます。

となると、バカ殿が言っていた次のような言葉が、まさに大阪には当てはまるようになっているのではないでしょうか。

--
戦時中の旧日本軍慰安婦について「銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命をかけて走っていくときに、精神的にも高ぶっている猛者集団をどこかで休息させてあげようと思ったら、慰安婦制度は必要なのは誰だってわかる」と述べ、慰安婦は必要だったとの認識を示した。

http://www.asahi.com/politics/update/0513/TKY201305130072.html
--

そうだとすると、大阪の性犯罪を減らすためには、現実には、大阪の人々に対して、

--
 橋下氏は今月1日、同飛行場を視察。その際、司令官に「合法的に性的なエネルギーを解消できる場所が日本にはある」と述べた上で、海兵隊員に風俗業者を活用させるよう求めたという。橋下氏によると、司令官は凍り付いたような表情をみせ、「米軍では禁止の通達を出している。これ以上、この話はやめよう」と打ち切った。

 橋下氏は記者団に対して「(米兵による)事件が収まる因果関係があるようなものではないが、活用を真っ正面から認めないとダメ。兵士は命を落としかねない極限状況に追い込まれており、そのエネルギーを発散させることを考えないといけない」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130513/waf13051319370013-n1.htm
--

こういう呼びかけをするってことですか。

イヤハヤ、自分が米軍に対して言っていたことが、実は自分の足下で起きていたってことですかね。
なんとも滑稽な話です。

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

今更そんなことを言いますか(呆) >橋下市長

前エントリで書いた、大阪の民間人校長が3ヶ月で辞めた件。
自分の失敗を少しは反省するかと思いきや、西のバカ殿こと橋下市長は、自分が「民間では」「民間では」と言って公務員を叩いていたことをすっかり棚に上げて、こんなことを言っています。

--
校長退職で橋下氏「合わないとすぐ辞める民間」

 大阪市立小に今春就任した民間人校長が3か月足らずで退職した問題で、橋下徹市長は26日、「非常に残念。自分に合わないといってすぐに辞めるのは民間の特徴だ」と述べた。

 市役所で記者団の質問に答えた。

 橋下市長は、退職した校長について「子どもがいるのだから、責任を持って応募してもらわないと困る。公の世界だという自覚を持ってもらいたい」と指摘。一方で、「年功序列の給与体系や、活躍の場がないことについて良い問題提起をもらった。公募制度が失敗だとは思っていない」とも語り、今後も制度を推進していく考えを示した。

(2013年6月26日14時37分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130626-OYT1T00892.htm
--

よくまあ、こんなことが言えるものだと呆れてしまいます。

だったら、こんな風にバッシングにさらされても、首長から理不尽な命令を押し付けられても、辞めずに行政事務部門や現業部門で働いてくれている一般の公務員に、もう少し感謝を示しても良いんじゃありませんか?

バカ殿は、とにかく自分が命令すれば誰もが言う通りに動くものだと思い込んでいるのですよね。

ホント、こんな人物は「すぐ辞めて」欲しいものです。「民間」を見習って

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

民間という「肩書き」だけを見て採用したんでしょ >橋下市長

大阪の小中学校に導入された校長公募制度によって就任した民間人校長がたった3ヶ月で退職しました。

--
給料最低・小規模校…民間人校長、謝罪なき退職

 大阪市立小中学校で今年度から導入された校長の全国公募に応募し、4月に民間人校長として就任した市立南港緑小学校(住之江区)の千葉貴樹校長(38)が25日、「私が力を発揮できる場所とは違う」と述べ、同日付で退職した。

 同市の民間人校長は今春、11人が就任したが、退職は初めて。校長公募は橋下徹市長が掲げた教育改革の目玉だっただけに、3か月足らずでの退職は波紋を広げそうだ。

 この日の市教育委員会議で退職を承認された千葉氏は、同小で記者会見。複数の外資系証券会社に10年以上の勤務経験があるという千葉氏は、「経験を生かし、英語教育に力を入れたいとアピールしたが、今の学校の課題は基礎学力の向上だった。英語教育に力を注げる環境ではなかった」と説明した。

 また、採用過程で市教委側と意見交換する機会が少なかったことに不満を述べ、「若いからといって、各学年1学級しかない小規模校に配属され、給料も経歴に関係なく最低級。年功序列だ」と批判。自らの退職による混乱については「何も不祥事は起こしていないし、謝罪することではない」と語り、児童に対する思いを問われ、「申し訳ないという気持ちではなく、残念な気持ち」と話した。

(2013年6月26日07時51分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130626-OYT1T00239.htm
--

そもそもこの人、小学校の校長になって何をする気だったんでしょうね。
英語教育をしたいなら、校長一人が騒いだってダメで、そのためのカリキュラムを作り、教員を配置しなければならず、それには時間がかかる。この一年は準備期間として、来年度から英語教育をするための予算獲得や教員配置、カリキュラム作成といった地均しにあてなければ、何もできないでしょう。
それを3ヶ月で辞めるってことは、この人の「外資系証券会社」での仕事って、誰かがお膳立てをしてくれた後に出て行って、ただ自分はお神輿に乗るだけといった、そんなお仕事ばっかりだったんではないですかね。だから、自分で英語教育の準備をする、即ち汗をかく気は全くなかったのでしょう。

つまりこの人は、英語教育を促進するために必要な「経験」なんて何も持ってはいなかった。ただ「外資系」に勤務したという「肩書き」を持っていただけ

そんな人物を校長に選ぶような制度を導入したバカ殿も、この校長同様、自分で汗をかく気は全くなし。
ある意味、起きて当然の事象でした。

そして、この人は校長になる前に「複数の」外資系証券会社に勤めていたとか。つまり、もともと勤め先に対するロイヤリティが高いわけではなく、報酬の良いところに転職をする人だったんでしょ。
こういう人が数年がかりで人を育てなければならない教育現場に首を突っ込んで、何かができるわけがない。

「肩書き」しか見ないバカ殿達では、その程度のことも見抜けなかったってことでしょう。

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ