プロフィール

白砂青松0715

Author:白砂青松0715
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

私は評価します>ネトウヨ内閣記事

東京新聞と中日新聞が、安倍政権をネガティブに評価する人々の意見を載せたところ、ネットを中心に騒ぎになっているとか。

--
「ネトウヨ内閣」「国防軍オタク内閣」… 東京・中日新聞新内閣記事に苦情電話が殺到
2012/12/28 18:15

東京新聞と中日新聞が2012年12月27日付朝刊に掲載した安倍内閣に関する特集記事が、「最低すぎる」「便所の落書きレベルだ」と読者やネットユーザーから厳しい批判を浴びている。
各界有識者に新内閣の印象を閣僚人事などから語ってもらうという内容だが、「ネトウヨ内閣」「厚化粧内閣」など紙面の大半を否定的な評価で埋めてしまったからだ。中日新聞名古屋本社には27日だけで100本近くの電話が殺到し、担当者は頭の下げっぱなしだったという。

「『敗者復活』の『逆戻り』」「『改憲』狙いの『厚化粧』」

「安倍新内閣 名付けるなら」というメーン見出しの特集記事にコメントを寄せた識者は、慶応大教授の金子勝さん、エッセイストの北原みのりさん、作家の宮崎学さんら計10人。それぞれのネーミングを紹介すると、「戦争ごっこで遊びたい『ネトウヨ内閣』」と名付けたのは北原みのりさん。宮崎学さんは「国防軍オタク内閣」と評し、政治評論家の森田実さんは、閣僚メンバーに極右が目立つとして「極右はしゃぎすぎ内閣」と名付けた。
慶応大の金子勝教授は甘利明氏を経済再生担当相に起用したことを問題視し、脱原発に逆行する「逆戻り内閣」とネーミングした。高崎経済大の國分功一教授は、憲法改正や日銀法改正に絡む安倍首相の発言などから「学力低下内閣」と命名し、元沖縄県知事の大田昌秀さんは「新内閣は『改憲内閣』になりかねない」。人材育成コンサルタントの辛淑玉さんは、党役員に女性を起用してタカ派の素顔を隠す「厚化粧内閣」と指摘した。
このほか、作家の高村薫さんはそこそこの優等生を集めた点で「そつなくまとめてみました内閣」、脱原発デモ主催者の松本哉さんは「まぐれ敗者復活内閣」「期待度ゼロ内閣」、市民団体「子供たちを放射能から守る福島ネットワーク」世話人の椎名千恵子さんは「福島圧殺内閣」と名付けている。
ちなみに東京新聞のサブの見出しは、太い黒文字で「『敗者復活』の『逆戻り』」「『改憲』狙いの『厚化粧』。中日新聞のレイアウトは、右手を挙げて官邸入りする安倍首相の全身写真の周りを「ネトウヨ」「改憲」「学力低下」などのネーミングが取り囲んでいた。

「記事擁護の電話は皆無だった」

東京新聞(中日新聞東京本社発行)と中日新聞によると、物議を醸したこの特集記事は、東京新聞特報部が取材・執筆した。特報部の記事は東京新聞だけでなく、中日新聞にもレイアウトや一部見出しを変えて掲載されており、発行部数270万部を誇る中日新聞の名古屋本社には掲載日の27日早朝から抗議の電話が殺到した。
名古屋本社読者センターによると、電話は27日だけで100本近くになり、数は減ったとはいえ28日も相次いでいるという。ほぼすべてが怒りの電話で、「よく書いた」という声はほとんどなかった。「余りにも偏った記事」「評価する声を敢えて無視したのか」といった意見が多かったという。
発行部数約55万部の東京新聞への苦情電話は27、28日を合わせて10本程度だった。東京新聞特報部に「なぜ否定意見ばかり載せたのか」と質問したところ、「他にも多くの人に依頼したが断られるなどしてこの10人になった」と回答した。「結果として『バランスを欠いている』と指摘されれば否定はできないし、もう少し(表現について)オブラートに包むべきだったかもしれない」とも答えた。
一方、この記事を巡っては当然のようにネットユーザーも燃え上がった。
「便所の落書きレベル」「ユーモアに昇華させるセンスも無いのか」「マスゴミ…さすがに品がなさすぎるぞ」「中日新聞を命名するとお下劣新聞だ」「赤旗のほうがなんぼかマシだ」「中日新聞、徹底的に叩くぞ」。
こうした意見がネットの掲示板やツイッターに途切れることなく書き込まれた。
「思想の左右は置いておくとして、いくらなんでもこれは報道ではないだろう」「この新聞壊れてしまったの?」「さすがにこれは言論の自由を履き違えてはいないか」
と言論機関としての基本姿勢に疑問符をつけるコメントも多かった。
記事を評価する意見はないかと目を凝らして探したものの、見つけることはできなかった。

http://www.j-cast.com/2012/12/28160077.html
--

まあこの記事は、実際の記事の順番とは逆に、ネットの騒ぎを見てJ-Castは記事にしようと思い、両社に問い合わせたんでしょう。だから、「殺到」なんて言っている割には抗議電話の数は大したことない。大騒ぎしているのはネトウヨ達がほとんどと言ってよさそうですね。

だいたい、偏っている記事という点では、民主党をはじめとする極右以外の政党に難癖を付け続け、気持ち悪いくらいに安倍晋三をヨイショし続けて来た産経新聞の右に出るものなどいないではありませんか。
それを取り上げず、こんな記事を書くJ-Castも偏っていると言って良いでしょうね、このネトウヨさん達の認識なら。

で、勝手に「記事を評価する意見はないかと目を凝らして探したものの、見つけることはできなかった」なんて書いてますけど、その記事を当然と思う人は、わざわざそんな意見を書いたりしないだけのこと。

そんな意見は、同じ土俵で聞いてあるか無いか比較しなければ全く意味が無い。

印象操作、あるいは勝手に勝利宣言ってやつですね。

もちろん、私はこの記事を評価しています。

「ネトウヨ」「極右」安倍政権誕生は、日本にとって2012年最大の不幸でした。
2013年はもう少しマシな年にしたいものです。

テーマ : 安倍内閣 - ジャンル : 政治・経済

ネトウヨレベルの脳しかもたない安倍総裁


金融緩和などでも積極的な発言を続けている安倍総裁ですけど、いい加減なこともペラペラしゃべっているようで。

--
「尖閣領海侵犯招いたのは菅氏だ」 安倍氏、お膝元で攻撃
2012.11.24 19:00 [安倍晋三]

 自民党の安倍晋三総裁は24日、民主党の菅直人元首相の地元・東京都武蔵野市のJR吉祥寺駅前で街頭演説を行い、「菅批判」を展開した。安倍氏が自ら注目選挙区に乗り込んで菅政権時代の失政を批判することで、自民党として次期衆院選での政権奪還に弾みをつけようという狙いだ。

 まず安倍氏がやり玉に挙げたのが東日本大震災への対応。「あまりにもひどい政治主導によって混乱を極め、復興は進んでいない。役人を怒鳴りつければ物事は進むと勘違いしている」と酷評した。

 さらに、平成22年の沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件への対応を批判。「その結果、尖閣の海は何回も領海侵犯されている。こんな事態を招いたのは菅氏だ」と述べた。

 安倍氏は演説後、吉祥寺駅前の商店街を練り歩き、詰めかけた市民らの握手攻めにも気軽に応じていた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121124/elc12112419020027-n1.htm
--

まあ、「菅批判」となると産経が嬉々として紙面に載せてくれますからね。
でも、いくらなんでも牽強付会が過ぎるでしょう。

産経などが菅さんの東日本大震災への対応を批判していたのも、これまでは福島原発事故への対応について「言いがかり」をつけていたのであって、震災後半年で辞めた人に復興の遅れの責任を押し付けるなんてことはさすがにやってなかったでしょう。それに菅さんが東電の社員を怒鳴りつけたことは良く知られていますけど、役人を怒鳴りつけたっていうのが何を指しているのか良くわかりませんね

また、尖閣諸島周辺の領海に中国の船が侵入し始めたのは、明らかに石原バカ殿が尖閣諸島を都が買うなんてバカなことを言い出し、それに引きずられて野田政権が国有化をすると言い出したからでしょう。
領海侵犯した漁船が直ぐに解放されたからと言って、そんなものは別の漁船がやってくるきっかけにはなるでしょうけど、今の様に中国の公的な機関の船が次々に領海に入り込んで来る理由にはなりません。

こんなことを人前で語っているようでは、安倍総裁の思考もネトウヨ並とみるべきでしょう。

テーマ : 衆議院解散・総選挙 - ジャンル : 政治・経済

そんなに政権放り出しをなかったことにしたいんですね>安倍総裁


自民党の安倍総裁が、かつて政権を放り出した「事実」を指摘される度に、「信者」が噛み付いているようです。

--
ナイナイ「安倍さんお腹痛くて逃げた」 ラジオで発言、わずか50分で謝罪
2012/11/16 15:42

お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん(42)と矢部浩之さん(41)がラジオ番組で「お腹痛いって言って1回逃げた」と自民党の安倍晋三総裁を揶揄する一幕があった。
怒ったリスナーから苦情のメールが来て、番組内で謝罪に追い込まれた。総裁就任時にも安倍総裁の首相辞任を揶揄するコメントが問題になったことがあり、今回それが再燃してしまった形だ。
「しっぽ巻いて逃げた人ですよね、お腹痛い言って」
2012年11月16日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)は、オープニングから政治の話で始まった。野田内閣の解散で各テレビ局の番組編成が大幅に変わり自分たちも巻き込まれた、という話から「日本のトップは変わりすぎ、次は誰なのか」という流れになり、岡村さんが「安倍さんって1回しっぽ巻いて逃げた人ですよね」と発言。矢部さんが「お腹痛い言って」と言うと、岡村さんも「お腹痛い言って。その人がまたワーって言うてはる」と乗っかった。さらに矢部さんが「お腹治ったから」、岡村さんが「治ったからまた今度行くぞみたいなことかもわかりませんけど、もうええわ」と言い、続いて矢部さんが「またお腹痛くなるかもしれんけどね」、岡村さんが「(首相)やったらね。やりはったらいいんでしょうけども」と話した。
そのおよそ50分後、リスナーからのこんなメールを矢部さんが読んだ。
「番組冒頭で安倍さんってお腹痛くて辞めた人でしょ、という発言に対して、病気で辞めて完治して再度党首になった方に、またお腹痛くなって辞めるかも知れないという発言はいかがなものでしょう」
これを聞いて岡村さんは「…すいませんでした。申し訳ございません。すいませんでした」と平謝り。矢部さんも「ジョークのつもりやった」とフォローした上で、「失礼しました」と謝罪した。
「それぐらいで謝るの…」リスナーはナイナイ擁護
安倍総裁の首相辞任については、総裁就任翌日の12年9月27日放送「とくダネ!」(フジテレビ系)でも、コメンテーターの田中雅子さんが「お腹痛くなって辞めちゃったということで…」と話し、司会の小倉智昭さんも「ちょっと子どもみたいだったと思うよ」と口を挟んだ。しかし安倍総裁が患っていたのは厚労省指定の難病「潰瘍性大腸炎」で、腹痛に苦しんでいたのはこのためだ。
難病を揶揄するような発言に批判が相次ぎ、10月1日放送回で小倉さんがお詫び、頭を下げるという結果になった。
また、ツイッターでは9月26日、来代正文徳島県議が安倍総裁について「何時投げ出すんですか!?今度の理由は下痢から便秘ですか?」と投稿して物議を醸した。来代県議はツイッターアカウント閉鎖に追い込まれてしまった。
このように、安倍総裁の病気を揶揄することは最早タブーのようになっている。今回のナインティナインの発言についても、インターネット上で「自分も病気で仕事してなかったくせに安倍さん馬鹿にしとる」「これは潰瘍性大腸炎罹患者だけでなく、難病指定の病気に罹患している人を皆揶揄してるようなもんだしね」「無知なヤツが政治を語るな」などと批判されている。
ただ、リスナーは「それぐらいで謝らなきゃいけないんだ…」「深夜ラジオにまでクレーム入れてくるやついんのな」「芸人なんだから多少の毒はあって然るべきだとは思いますが」などと書き込んでおり、ナインティナインを擁護する人が多い。

http://www.j-cast.com/2012/11/16154278.html?p=all
--

そもそも、以前逃げだ時の理由は「小沢さんがウンと言ってくれないから」だったはずなのに、後から「病気」と言い出したんですよね。
それもただの腹痛じゃなくて「難病」だそうで(苦笑)。

そして、今、その「職場放棄」を指摘すると「難病を揶揄」したことになるんですって。

確かに病気に苦しんでいる人に対して、その病気そのものをからかうかのような発言は問題でしょうけど、仮に病気で辞めたとして、その事実を指摘することのどこが「揶揄」なんです?
「揶揄」どころか、その人が首相という激務に耐えられるか否かを判断するための重要な情報ですよ。

だいたい、この安倍信者さん達の言っていることには、どう見ても矛盾がある。
一方では、ただの腹痛では無い、難病だと言い張り、他方では完治したと言う。
そんなに簡単に完治するような病気のどこが「難病」なんです?
そんなにすばらしい薬があるなら、それを使えば皆が完治できるはずじゃありませんか。

安倍サイドの言っていることには、3つの嘘が混じっている可能性がある。

1 前回職場放棄したのは病気のせいだった。
2 病気はただの腹痛ではなく難病の潰瘍性大腸炎だった。
3 現在は完治した。


この2と3が両立するという時点でかなり無理がありますが、いずれも本人の申告しか根拠は無く、どれか一つでも嘘が混じっているなら、嘘をついているという点も含めて、首相には不適格とすべき人材でしょう。

というか、本当に潰瘍性大腸炎で辞めたなら、その時にそう言うべきだったし、そもそも、そんな身体で首相になろうとしたことが間違い。その辺りの判断力も含めて、最初から首相には不適格な人材なんですけどね。

で、私は彼が潰瘍性大腸炎で辞めたとは思っていません。政権運営の行き詰まりで職場放棄したと認識しており、次も同じことをするだろうと予想しています。

勇ましいことを言うだけ言って、いざ自分が対処すべき場面になったら逃げる。
その行動パターンはネトウヨ君そっくり。
「信者」が一生懸命庇うはずです。

テーマ : 衆議院解散・総選挙 - ジャンル : 政治・経済

| ホーム |


前のページ «  ホーム